春の到来を告げる旬の食材を楽しめる「春一天丼」(850円)

写真拡大

天丼てんやは2月16日(木)から3月22日(水)まで、季節限定メニューとして「春一天丼」(850円)と「柚子こしょう鶏天丼」(650円)を提供する。

【写真を見る】しっかりした旨味と弾力ある食感が特徴の「華味鶏」を楽しめる「柚子こしょう鶏天丼」(650円)

「春一天丼」は、「あおさと小柱のかき揚げ」や「夢かさご」「穂先竹の子」など、春の到来を告げる旬の食材が楽しめる天丼だ。長崎県で採れた新物「あおさ」と「小柱」を使用した淡い緑色のかき揚げは、新物ならではの磯の香りが口の中いっぱいに広がる。真っ赤な尾が特徴の「夢かさご」も丼を鮮やかに彩り、肉厚で脂の乗った身と皮が楽しめる。まさに春の海を存分に味わえる一品。

「柚子こしょう鶏天丼」は、九州生まれ、九州育ちの銘柄鶏である「華味鳥」の天ぷらに、本店オリジナルの柚子こしょうだれを合わせたメニュー。「華味鳥」は、九州の大自然の下で大切に育てられた銘柄鶏で、しっかりした旨味と弾力ある食感が特徴だ。爽やかな柚子の香りとほのかな辛さが魅力の柚子こしょうだれは、鶏天との相性もピッタリ。この機会にしか味わえない旬な天丼を味わってみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/コダマタイチ】