写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイキン工業のマスコット「ぴちょんくん」が、温度・湿度・気象などの情報を、スマホやパソコンのデジタル画面から発信する。

同社では、空気の快適性を見える化し、温度・湿度・風の強さなどをもとに、空気の快適性を直感的に知らせる「空気感インフォメーション」を開発。実用第一弾は、「大ぴちょんくん」の看板を掲げた大阪の梅田。9色の「ぴちょんくん」と擬音によって、大阪の「空気感予報」を発信してきた。

今回、実用第二弾として、スマホやパソコン、およびデバイスの位置情報を利用。画面を見ている人が居る場所の、温度・湿度・気象情報を含む「空気感予報」を、9色の「ぴちょんくん」を用いて知らせる。インターネット上のバナー広告を通じて、2017年2月9日〜同年3月10日の期間限定で、東京都を対象に配信する。

(伊森ちづる)