「九州陶器市」東京・渋谷CPCMにて開催 - 日常を彩る器が集結、キハラ・京千など

写真拡大

「九州陶器市」が、セレクトショップ・CPCM(シー・ピー・シー・エム)にて、2017年2月10日(金)より開催される。

九州には、佐賀県有田町の有田焼、福岡県の小石原焼、長崎県の波佐見焼など、日本を代表する陶器の産地が多く存在する。そんな九州地方で生産された注目の窯元の作品を集め、個性豊かな陶器を一堂に見られる期間限定ショップが開催される。

中でも注目なのは、有田・波佐見焼の産地商社として400年の歴史をもちながら現代の生活に合わせた商品を作ることで知られる「キハラ」、モダンなデザインが人気で海外でも評価が高い波佐見焼の「マルヒロ」など。また、ヨーロッパ産地の顔料を使った鮮明な色味や個性豊かなデザインが人気な、波佐見地方「京千」の新作も登場する予定だ。

普段使いに適した丈夫さも九州陶器の魅力の一つ。日常をちょっとだけ楽しく彩ってくれるうつわを探しに、是非立ち寄ってみては。

【詳細】
九州陶器市
開催日時:2017年2月10日(金)
開催場所:CPCM
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-22 秋田ビル 1F&2F


[写真付きで読む]「九州陶器市」東京・渋谷CPCMにて開催 - 日常を彩る器が集結、キハラ・京千など

外部サイト

  • 「鶴齢大吟醸 10年熟成」を閉じ込めた生チョコが「ca ca o」より発売 - 漆器のパッケージ入り
  • 東京スカイツリーを世界一高い桜に見立てた特別ライティング‟舞”、さくらのフードメニューも
  • 「もうどく展2」池袋で開催 - コバルトブルーのタランチュラやスカンクなど美しく恐ろしい生き物が集結