KBS「シンドロームマン」など、旧正月連休のパイロット番組がすべて不発に…レギュラー編成ならず

写真拡大

KBSが今年の旧正月連休に披露したパイロット番組(レギュラー編成に先立ちテスト放送した後、編成を決定する番組) のレギュラー編成が不発に終わった。

KBSは今年「シンドロームマン」「母の合コン」「ガールズグループ大捷」など3編のパイロット番組を放送した。このうち、「シンドロームマン」と「母の合コン」はレギュラー編成になる可能性が高いと見られていたが、最終的には不発となった。

これには「下宿屋の娘たち」と「お姉さんたちのスラムダンク」シーズン2の編成によって空席がないという理由も作用したと伝えられた。

KBSバラエティ局の関係者は9日、TVレポートに「旧正月のパイロット番組のレギュラー編成はすべて不発に終わった。編成と最終協議をした結果、編成が難しい結論となった」と説明した。