ヤマハのMTシリーズの2017年モデルが続々と発表されておりますが、シリーズの中堅機ともいえる「MT-07/MT-07 ABS」にも新色が追加されました!

1

今年の「MT-07」シリーズは、上位機種の「MT-09」シリーズに負けず劣らず、上質に仕上がってます。

「MT-07」といえば、688ccの直列2気筒エンジンを搭載し、独創的なスタイルで人気のモデルです。近年のヤマハ製スポーツバイクの「ミドルクラス」を象徴する一台とも言えます。

よく「MT-09の弟分」と表現されることもありますが、その性能はかなりのもの。

実際に両機種に試乗してみるとわかるのですが、たしかに絶対的な加速力やパワーはMT-09に軍配が上がります。しかし正直なところ、一般道のワインディングなどで必要なパワーは、MT-09ではオーバースペック気味。MT-07でも十分すぎるほどです。

逆に車重の軽いMT-07の方がヒラヒラ倒せて、スロットルを開けるのもMT-09ほど気を使わなくて良いので「乗りこなす楽しさ」はMT-07もかなり高いと思います。

2017年モデルは、画期的な新色カラーがABS搭載モデル・ノーマルそれぞれに2色ずつ、計4色が展開されます。

ABS搭載モデルの「MT-07 ABS」には、ファッション性を主張するアシッドイエローのホイールが特徴的な「ブルーイッシュグレーソリッド 4(グレー)」、ヤマハのスポーツ性を主張するアクセントカラー「ディープパープリッシュブルーメタリッ ク C(ブルー)」の2色を用意。


続いて、ノーマルモデルの「MT-07」には、シリアスな印象が魅力的で、このカラーのみ夜間に光を反射する新グラフィックロゴを採用した「マットダークグレーメタリック 6(マットグレー)」と、高級感のあるパールの入ったホワイトがとても綺麗な「ブルーイッシュホワイトパール 1(ホワイト)」が用意されています。


どのカラーもMTシリーズの「都会的で独創的なイメージ」が一貫して表現されています。MTシリーズの中堅機「MT-07」ですが、250ccや400ccからステップアップしたい方はもちろん、リッターバイクよりも使い切れるパワーを楽しみたい方におススメです。

発売日は2017年2月15日で、メーカー希望小売価格はABSモデルが¥760,320、ノーマルモデルが¥710,640となっております。

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

ストリート感満載!ヤマハ「MT-07/MT-07 ABS」の2017年モデル発表(http://clicccar.com/2017/02/09/440466/)