昨季J1王者に輝いた鹿島は、プレーオフを勝ち上がってきた蔚山現代と初戦を戦う。

写真拡大

 2月7日、8日にかけてACLプレーオフが行なわれ、ACL本戦に出場する全チームが決定した。
 
 7日の試合でジョホール(マレーシア)を下したG大阪は、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、江蘇蘇寧(中国)、済州ユナイテッド(韓国)と同居するグループHへ。

 昨季のJ1王者である鹿島は、ムアントン・ユナイテッド(タイ)と、プレーオフを勝ち上がってきた蔚山現代(韓国)、ブリスベン・ロア(オーストラリア)と同居するグループEに入った。
 
 また、J1準優勝の浦和は、FCソウル(韓国)、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)、プレーオフ勝者の上海上港(中国)と同居するグループF。

 昨季3位の川崎は、グループGで水原三星(韓国)、広州恒大(中国)、東方FC(香港)と対戦する。
 
 もっとも厳しい「死の組」と言えるのは、浦和が入ったグループFか。

 昨季のKリーグを制したFCソウルと、Aリーグ2位のウェスタン・シドニー・ワンダラーズの実力はもちろん、プレーオフを勝ち上がってきた“爆買い”上海上港はブラジル代表のフッキやオスカールといったワールドクラスを擁している。どのチームもレベルが高く、油断できない戦いが続くだろう。
 
 各グループの初戦は、2月21日(火)、22日(水)に開催。21日に鹿島×蔚山現代、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ×浦和、22日にアデレード・ユナイテッド×G大阪、川崎×水原三星が行なわれる(左側チームのホームゲーム)。
 
 グループE〜Hは以下の通り。

【グループE】
鹿島アントラーズ(日本)
ムアントン・ユナイテッド(タイ)
ブリスベン・ロアー(オーストラリア)
蔚山現代(韓国)

【グループF】
FCソウル(韓国)
浦和レッズ(日本)
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)
上海上港(中国)

【グループG】
広州恒大(中国)
水原三星(韓国)
川崎フロンターレ(日本)
東方FC(香港)

【グループH】
アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
江蘇蘇寧(中国)
済州ユナイテッド(韓国)
ガンバ大阪(日本)