蒸した鶏肉やシイタケ、錦糸卵をご飯に乗せ、熱々の鶏スープをかけた「鶏飯丼(けいはんどん)」(584円)は鹿児島県の郷土料理

写真拡大

ファミリーレストランのジョイフルは、2017年最初のフェアとして、長崎県、鹿児島県、沖縄県で愛される郷土料理や定番メニューの味が楽しめる「九州・沖縄のご当地グルメフェア」を、2月14日(火)より順次スタートする。※一部店舗除く、なくなり次第終了

【写真を見る】ワンプレートにドライカレー、パスタ、ロースカツ、エビフライを盛り付けた「トルコライス」(854円)は長崎県のソウルフード

登場するのは、3県のソウルフードに少しアレンジを加えた全5商品。鹿児島からは、蒸した鶏肉やシイタケ、錦糸卵をご飯にのせ、熱々のあっさりした鶏スープをかけた郷土料理「鶏飯丼(けいはんどん)」(584円)、長崎からは、ワンプレートにドライカレー、パスタ、ロースカツ、エビフライを盛り付けた「トルコライス」(854円)、豚角煮の旨味とあっさりしたスープが太めの麺と相性抜群な「沖縄風そば」(584円)がラインアップしている。

また、セットメニューとして、ロースかつを付けた「鶏飯丼セット」(800円)、鶏の炊き込みご飯を付けた「沖縄風そばセット」(746円)を用意。ご当地グルメをがっつり楽しみたい人におすすめだ。

九州、沖縄でおなじみの味が堪能できるまたとない機会。家族や友達を誘って行ってみては。【東京ウォーカー】