ambie(アンビー)は、耳を塞がず音を楽しむイヤホン「ambie sound earcuffs」を2月9日より発売します。こちらは、耳に装着して音楽を聴きながら、会話などのコミュニケーションも行える新感覚のイヤホン。直販サイトやロンハーマン、蔦屋家電、チャーリーバイスなどの提携店舗で販売します。カラーは全6色で、価格は5500円(税抜)。

↑「ambie sound earcuffs

 

ambieは、ソニービデオ&サウンドプロダクツとベンチャーキャピタルのWiLが共同出資して立ち上げたジョイントベンチャー企業。製品の開発は、ソニービデオ&サウンドプロダクツでヘッドマウントディスプレイHMZシリーズやBluetoothイヤホンの設計を担当した三原良太氏が担当。社内企画のハッカソンを通じて、「生活の場面を選ばず、自分だけにBGMを流し続けられる」というコンセプトでプロトタイプを開発し、商品化&事業化に至ったといいます。

 

↑製品の開発を担当したambieの三原良太氏

 

ambie sound earcuffsの特徴は、従来のイヤホンのように耳穴を塞がず、耳穴の近くで音を放出することで、自分だけに聴こえるように音楽を鳴らしながら、外部の音も同時に聴きとることができる点にあります。これにより、歩きながら音楽を聴いてもクルマの音などに気付くことができ安全に使用可能。また、駅のアナウンスを聴き逃すこともなく、他人とコミュニケーションをとりたいときもイヤホンを片耳だけ外すことなく、そのまま会話できます。仕事中に集中力を高める音楽を聴きながら、電話の音や同僚の呼びかけに応えることもでき、同時に周囲への音漏れも防ぐことが可能です。

↑自分だけに聴こえるように音楽を楽しみながら、周囲の音も聴き逃さないのが特徴

 

↑ソニーの音響技術などを用いて開発されています

 

装着方法は、クリップのような形状のイヤホンを耳のふちに挟み込むようにセットするだけ。あとは、一般的な有線イヤホンと同じような感覚で使用できます。マイク付きリモコンも備え、スマホでのハンズフリー通話も可能。スポーツシーンでも利用できますが、防水機能は備えていません。

↑装着イメージ

 

同社の代表取締役社長を務めるWiLの松本真尚氏は、「ambieは音質を追求するのではなく、ライフスタイルを提案するブランド。これまでのイヤホンのような家電製品という立ち位置ではなく、ファッションなどのチャンネルで販売していきたい。そのため、ソニーとは違う新会社設立の必要性があった」と同社設立の経緯を説明。また、WiLの海外ネットワークを利用し、米国やアジア諸国などでも展開していくと述べました。

↑松本真尚氏

 

発表会には高橋メアリージュン&ユウ姉妹も登場

ゲストとして登壇したモデルの高橋メアリージュン&ユウ姉妹の2人は普段から音楽をよく聴いており、イヤホンを自宅に忘れると取りに帰るくらい生活に音楽が欠かせないということ。

↑高橋メアリージュンさん(左)と高橋ユウさん(右)

 

さっそくambie sound earcuffsを装着すると、「耳の後ろにスピーカーがあるみたい! びっくり!」(メアリージュンさん)と驚きを隠せない様子でした。ユウさんは、「街中を歩くときにイヤホンで音楽を聴くことが多いのですが、普通のイヤホンは自分のなかに閉じこもる感覚だけど、このイヤホンなら音楽と街の色々な音が溶け合うことで、新たな感覚を味わえそう」と、ambie sound earcuffs独特のサウンドが気に入ったようです。また、メアリージュンさんは「このイヤホンは着けていてストレスが無いし、アクセサリーとしてもオシャレ」と述べ、常にイヤホンをしているというプロサッカー選手の弟・高橋祐治さんにも勧めたいとコメントしていました。

 

その実力は……?

発表会では出席した記者一人ずつにambie sound earcuffsが配られました。さっそく、やや騒がしいGetNavi編集部オフィスで試したところ、一般的なイヤホンで聴いている音量と同じレベルまでボリュームを上げると、隣の人から「音漏れてるよ」と注意を受けてしまいましたが、少しボリュームを下げると「隣にいても気にならないレベル」になりました。もちろん電話の音など周囲の音もちゃんと聴き取れます。オフィスでの使用は、十分実用的なレベルでしょう。ただし、カナル型イヤホンに比べると遮音性がないため、電車の中など騒がしい環境下で聴きとれる音量まで上げると、周囲への音漏れも発生してしまうので注意が必要です。

↑音量を抑えめにすれば音漏れを気にせず使えます

 

これまでのイヤホンにはない新感覚の音楽体験ができるambie sound earcuffs。日常生活に音楽が欠かせない、という方はぜひ試してみて下さい。