BIGBANGのT.O.P&JYJ ジュンス、揃って静かに入隊…現場には多くのファン

写真拡大 (全2枚)

BIGBANGのT.O.PとJYJのジュンスが兵役のためファンとしばらく別れを告げる。

T.O.Pとジュンスは9日午後、忠南(チュンナム) 論山(ノンサン) 陸軍訓練所を通じて揃って入所した。

この日T.O.Pとジュンスの入所は非公開だった。これに先駆けて、2人とも非公開で静かに入所するという意向を表していた。この日、2人の入所現場には家族と最低限の人数の事務所のスタッフだけが同行したという。

2人はファンの前で入隊の挨拶をする代わりに、SNSを通じて入所する前に短く切ったヘアスタイルを公開した。

T.O.Pは訓練所への入所直前である本日(9日) 午前、自身のSNSを通じて「僕は本当に静かに入りたいです。何の挨拶もせずに入ることを理解してください」とし、ファンに了解を求めた。

ジュンスも9日午前、自身のSNSを通じて「約13年という長い間、変わらない愛、忘れられない思い出をいっぱいありがとう。挨拶がきちんとできないのでこうして認証ショットをあげます。僕たち健康と笑顔でまた会いましょう〜」という書き込みと共に坊主頭を公開し、ファンに挨拶を伝えた。

非公開の入所だったが、論山訓練所の前には数百人ものファンが集まった。寒さも彼らを止めることはできなかった。すでに非公開入所が告知されていたにもかかわらず、ファンは厳しい寒さの中で朝から2人が入る正門の入り口を守った。世界中のファンが愛するグローバルスターBIGBANGのT.O.PとJYJ ジュンスの人気を見せつける瞬間だった。2人が国防の義務を果たした後、凛々しい姿で戻ってくることを祈願し、ファンが準備したプラカードとアドバルーンで訓練所の前はコンサート会場を彷彿とさせた。訓練所の正門前の膝サポーター、電子時計、電話カードなど訓練用品を販売するショップでは、この日現場を訪れたファンのためにBIGBANGとジュンスの楽曲をかけ、注目を集めた。

T.O.Pを応援するために昨日日本から韓国に来たというT.O.Pのファンは「非公開であることは知っていたけれど、どうしてもT.O.Pを見送りたかった。T.O.Pが入る訓練所の正門だけでも見てみたかった。昨年にもBIGBANGを見るために6回も韓国に来た。体に気をつけて元気に帰ってきてほしい。BIGBANGのコンサートDVDを見ながら2年間頑張って待っている」とし、応援のメッセージを伝えた。

ジュンスの海外ファンは「ちょうど会社で休暇をもらえて、ジュンスを見るために韓国に来た。非公開入所であるためジュンスに会えないのは仕方ないと思う。1年9ヶ月頑張って待っているので、早く帰ってきてほしい」とし、ジュンスを応援した。

T.O.Pとジュンスは論山陸軍訓練所で基礎軍事訓練を受けた後、それぞれソウル地方警察庁と京畿(キョンギ) 南部地方警察庁で1年9ヶ月間義務警察広報団として服務し、国防の義務を果たす。2人の除隊予定日は2018年11月8日だ。

BIGBANGのT.O.P、入隊直前に切実なメッセージ「本当に静かに入りたい」

JYJ ジュンス、入隊控えて断髪…坊主頭を公開