写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●動画の録画の手順
ライフボートは、WebやPC上で再生される動画や音楽を簡単に録画・録音できる「Audials One 2017」(以下、Audialsと略記)の販売を開始した。

Audialsのシステム要求であるが、以下の通りである。

・対応OS:日本語Windows 7/8/10、32bit、64bitのいずれにも対応
・CPU:1GHz以上のIntel互換CPU
・メモリ:2GB以上(4GB以上を推奨)
・HDD:1GB以上の空き容量
・対応ブラウザ:Microsoft Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge

それほど、厳しいものはない。しかし、扱うのが動画であるので、ハードウェアリソースは、高いにこしたことはない。特にCPUは、なるべく動作クロックの高いものが望ましいといえるだろう。さらに、動画の保存には、HDDもそれなりに必要となる。このあたりに注意をしてほしい。

従来製品のAudials Tunebite 2017 Platinumの上位版という位置づけである。録画に関しては、

・全画面表示での録画
・各録画サイトに応じた録画方法の最適化
・録画処理の最適化(よりロースペックのPCでも録画が可能に)
・最新の動画サイトに対応(新サービス、配信サイトの仕様変更など、レコーディングエンジンの自動アップデートで対応)

などが新機能や強化点となる。インストールは、特に難しいことはない。画面の指示通りに進めば問題ない。インストール後に、Audialsを起動したのが図2である。

画面の解像度によっては、異なる表示になることがある(機能は変わらない)。以下では、動画の録画など、Audialsの主な機能を紹介したい。

○動画の録画(動画自動検知)

まずは、動画の録画機能である。Audialsのメイン機能といってもいいものだ。図2の左のメニューから[動画の保存]をクリックする。

中央には「動画の保存」が表示される。さらに中央の[動画の録画]を選ぶ。録画方法やソースを選択するメニューとなる。

下には、著名な動画サイトが並ぶ。これは、ここで動画サイトを選ぶことで、後述する最適な録画方法が自動選択される。もし、これらの動画サイトから録画を行うならば、利用すべきであろう。ここでは、Audialsの基本機能を知ってもらうために、Youtubeの動画を録画方法を選びつつ録画してみたい(Youtubeは、URLから直接、録画することもできる)。さらに[録画方法を選択]を選ぶと、図5のようになる。

基本、[すべての動画を保存]を選べばよい。表示されたWebページから、動画をAudialsが自動的に判別をし、すべての動画を保存する。まずは、この録画方法を試して、うまくいかない場合に、その下の選択肢となる。[動画を手動で選択]は、Webページに複数の動画表示があり、そのうちの特定の動画のみを保存したい場合に選択する。[すべての動画を保存]を選ぶと、図6のように動画の再生をするように促される。

Audialsが自動的に動画を判別し、録画が行われる。

録画が完了すると、図8のようになる。

Audialsが対応する動画サイトならば、このように簡単に録画できるはずだ。

○動画の録画(動画手動検知)

残念ながら、上述の方法が使えないこともある。その場合は、図5の下の2つの選択肢から録画方法を選ぶ。[画面から録画、自動モード]では、録画する動画をAudials自動判定する。

動画を再生し、[検出+録画]をクリックすると、Audialsが動画を検出する。

赤く囲まれた部分を録画している。再生が終わったら、[停止]をクリックする。図10では、Chromeの広告が表示されているが、この方法では広告も録画されてしまう。Youtubeでは、Audialsが動画を検知できた。しかし、検知できない、赤い枠が動画とうまく合っていない場合もある。そのような場合は、図5の[画面から録画、手動モード]を選ぶ。

Webページの動画に、青い枠が表示される。ここでも、まずは[検出]をクリックし、Audialsに動画の位置を判定させてみるべきだ。そして、録画域が適切でないならば、青い枠を手動で調整すればよい。Audialsは、かなり正確に動画を検知する(実際、この例でもほぼ正しく動画を検知した)。動画検知は、新バージョンでかなり強化されたと感じた。この機能を使うことはあまり多くはないかもしれないが、最終手段として覚えておきたい。

○Youtubeは、URLを入力するだけで

Youtubeでは、URLを入力するだけで、動画を録画できる。メイン画面の[動画の録画]の右側にテキストボックスがあるので、そこにURLを入力する。

その右にある[→]をクリックすると録画が始まる。

Youtubeのみの機能であるが、もっとも確実に録画できる方法なので、こちらも覚えておきたい。

●音楽の録音もカンタン!
○音楽の録音もカンタン!

音楽の録音は、左のメニューの[音楽の保存]をクリックし、[音声/音楽の録音]をクリックする。

すると、図15のように録音方法の選択画面となる。

[録音方法を選択]をクリックすると、録音方法を選択となる。

国内では[トラックへサウンド録音]を選ぶ。[トラックへ直接録音]は、主に海外のサイト向けの機能となる。[トラックへサウンド録音]をクリックすると、図17のようになる。

[今すぐ録音開始]で録音待機状態となる。[アーティスト、アルバム、ジャンルのプリセット]では、楽曲情報をあらかじめ設定できる。

録音中は、PCで再生されるすべての音が録音される(システム音など)。また、音量を変更すると、その変更も反映されてしまう。[停止]の操作以外はしないほうがよいだろう。さらに、本稿執筆中に、2016年末からサービスを開始したSpotifyにも対応した(メイン画面から[更新]でアップデートできる)。

2倍速の録音をサポートする。それ以外にも、楽曲のタイトル、アーティスト名、アルバムが自動的に追加され、快適な録音環境が実現できる。Spotifyなどの音楽配信サービスは、今後、普及が進むだろう。現時点ではSpotifyのみだが、こういった機能を活用できるのもAudialsの魅力の1つだろう。

●再生はメディアセンターで
○再生はメディアセンターで

こうして録画された動画や録音は、図12や図13のように履歴として保存されている。右のペインでは、再生もできる。メディアセンターでは、保存したすべての動画や音楽などのメディアファイルを確認できる。

動画を右下に再生させたのが、図21である。

動画の再生は、全画面や別ウィンドウでも再生可能である。そして、もう1つ覚えておきたい機能が、変換機能である。メディアセンターで、メディアファイルの右クリックで表示されるメニューから、[追加処理]→[選択したファイルの変換]、もしくは左のメニューの[変換]にドラッグ&ドロップすることで、各種デバイス用の動画や音楽に変換することができる。

[出力形式]をクリックすると、各種のプロファイルが表示される。ここから、変換先のデバイスを選ぶことで、細かい設定をすることなく変換が可能である。

今回はWeb上の動画や音楽データを扱ったが、PCで再生されるデータも録画・録音可能である。たとえば、DVDを再生して録画することで、光学ドライブがないPCでも再生が可能となる。こういった使い方もあるので、ぜひ、使い込んでみてほしい。

(c-bou)