ネイキッドとスーパーモタードの「異種混合」スタイルとして人気のヤマハ「MT-09 ABS」は、優れたスポーツ性と快適な走行性で人気のモデルです。

1

今回、初のマイナーチェンジが実施され、さらなる「熟成」が進められました。どのように進化したのか、詳しく見ていきましょう。

まず、レバー操作荷重を低減するために「アシストカム」と「スリッパーカム」という2種のカムを設けた「A&Sクラッチ」が採用されました。

「穏やかな車体挙動」と「軽いクラッチ操作荷重」を実現できる特殊な構造のクラッチで、これによりクラッチレバーの操作荷重は、従来モデルから「約20%低減」したそうです。

もともとMT-09のクラッチは大型バイクにしては軽い方でしたが、さらに軽いタッチでクラッチを操作できるようになり、ますます走りに余裕が生まれそうですね。

さらに、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するために「QSS(クイック・シフト・システム)」が新採用されました。

シフトレバーの動きをシフトレバーロッドに設けたスイッチが検知すると、ECU演算でエンジン出力を補正、噛み合っているギアの駆動トルクを瞬間的にキャンセルし、シフトアップ操作を支援します。

ワインディングなど、スポーツ性能を活かした走りを必要とする際に、さりげなくアシストをしてくれそうなシステムですね。

また、41mmインナーチューブ採用倒立フロントフォークには圧側減衰力の調整機能を設け、走行シーンに応じてセッティングが可能になりました。

外観では、フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプを採用、ラジエター周辺にはサイドフィンと大型エアスクープを採用するなど、「塊感」と「力感」を感じさせる、精悍なスポーツバイクへと進化したようです。

マイナーチェンジ後の「MT-09 ABS」は、3種類のカラーが展開されます。

■ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)

■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

■マットダークグレーメタリック6(マットグレー)

ヤマハを象徴する「ブルー」はもちろん、「グレー」もアシッドイエローのホイールが強烈で非常にかっこいいですね。

今回のモデルは「MT-09 ABS」初のマイナーチェンジとなりましたが、非常に正統に進化しています。見た目の進化はもちろん、新採用のクラッチやシステムなど、裏側でしっかりと「熟成」を重ねられていることからも、バイクに「上質さ」を追求するヤマハの姿勢が感じられます。

発売日は2017年2月15日を予定、メーカー小売り希望価格は¥1,004,400(税込)となっています。

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

上質に熟成された、ヤマハ「MT-09 ABS」初のマイナーチェンジモデル(http://clicccar.com/2017/02/09/441032/)