“怪演”っぷりが放送のたびにTwitterで話題になる水野美紀(左)と主演を務める倉科カナ(右)/(C)テレビ朝日

写真拡大

主人公・池内光(倉科カナ)を中心に、さまざまな登場人物たちが愛を奪い合うさまをスピーディーかつスリリングに描く、“ドロキュン”恋愛ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)が、回を重ねるごとにSNSを中心に大反響を呼んでいる。

【写真を見る】「奪い愛、冬」で、水野美紀が演じる蘭の行動がどんどんエスカレート!/(C)テレビ朝日

光が元恋人・森山信(大谷亮平)と再会し、禁断の愛へと陥っていくことで、光の婚約者である奥川康太(三浦翔平)や信の妻・森山蘭(水野美紀)らが“激しい嫉妬と愛の物語”を繰り広げている本作。

ドロドロしているけどキュンとする、激しさを極めたドロキュン劇場で、とりわけ大きな話題を呼んでいるのが水野の怪演っぷりだ。

水野演じる蘭は、夫の愛をつなぎとめるためなら手段を選ばない恐ろしい妻であり、夫・信への執着心も、信の心を奪っていく光に対する攻撃性も常軌を逸している。

2月3日の第3話では、そんな蘭に対する視聴者の関心がヒートアップ!

密会する光と信をクローゼットの中で待ち受け、2人がキスした瞬間「ここにいるよ〜」と言いながら満を持して飛び出し、否定する信に対し「違わないよぉ〜!」と迫る姿には「完全にホラーでしょ!!」「蘭さん怖過ぎ〜!」などといったつぶやきがSNSであふれ、視聴者を恐怖と笑いの渦に巻き込んだ。

そして、そんな水野の怪演を集めた特別動画「森山蘭(水野美紀)名場面集〜夫を奪う女は許せない!!〜」が、Youtube「テレ朝チャンネル」にて公開された。

これまでの蘭の恐ろしいシーンはもちろん、2月10日(金)の第4話以降もまだまだ続く蘭の“怪”進撃の一部も先行公開しているので、蘭のファンはいち早くチェックしてほしい。

見れば見るほどクセになる、波瀾(はらん)万丈な「奪い愛、冬」の蘭の名場面。決してランランラ〜ンとスキップして見ることはできないかもしれないが、「奪い愛、冬」第4話と併せ、心ゆくまでドキドキしながらご覧あれ。

その動画を見る人に、どうか神のご加護があらんことを。

【第4話(2月10日)あらすじ】

元恋人・信とキスしたところを、その妻・蘭に見られてしまった光。その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに…。

そんな折、光の婚約者・康太を狙う同僚・秀子(秋元才加)が、蘭と接触。女性同士で結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。

一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母・美佐(榊原郁恵)は態度を軟化。光を家に招き、これまで散々嫌がらせをしたことを詫びる。

ところが、そこへ思いがけない宅配便が届く。その中身を見た康太は突然、光の目の前でとんでもない行動に出る。

そんな中、光と康太は“ある目的”を果たすため、信と蘭の家を訪問。そんな2人を、蘭は何を考えているのか、冬の海へと旅行に誘う。今カレと元カレ、その妻との4人旅行…。その先に待つのは地獄か、天国か…!?