写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機は9日、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新製品として、ハイスピード動画撮影が可能な「EX-ZR1800」を発表した。ブルー / ゴールド / ブラックの3色を用意。2月24日から発売する。価格はオープンで、推定市場価格は36,500円前後(税別)。

120fpsまたは240fpsでのハイスピード撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ。スポーツシーンの決定的瞬間を動画撮影できる「ドラマチックスロー機能」を新たに搭載している。動画の撮影中に「見せ場」が来たらムービーボタンを押すことで、その瞬間の前後だけを再生時にスローモーションに切り替えられる。野球のバッティング、サッカーのシュート、テニスのスマッシュ、フィギュアスケートのジャンプなど、スピードのあるスポーツ撮影に最適としている。

3.0型液晶モニターは180度開くチルト式、レンズ面のフロントシャッターボタンなど、自撮り機能にも注力。顔検出機能のほか、肌の色などを滑らかにする機能を搭載する。撮影した動画や画像をスマートフォンに自動送信する「エクシリムオートトランスファー」に対応しているので、撮影後すぐにSNSなどにアップロード可能。

画像処理エンジンは「EXILIMエンジンHS Ver.3」だ。1.5秒の高速起動、0.18秒の高速オートフォーカス、0.015秒のレリーズ・タイムラグ、最短0.26秒の撮影間隔といったサクサク性能を提供する。

そのほか主な仕様は、撮像素子が裏面照射型の1/2.3型CMOSセンサー、総画素数が1,679万画素。レンズ構成は非球面レンズを含む10群11枚。焦点距離は約25〜450mm(35mm判換算)、F値は3.5(W)〜5.9(T)。光学ズームは18倍(プレミアムズーム併用時:36倍)、デジタルズームは4倍。手ブレ補正補正機構はレンズシフト式で2段分を補正し、高速連写合成との併用で5段分を補正する。

記録画素数は、静止画が最大1,600万画素(4,608×3,456ドット)。最大1,920×1,080ドット(フルHD)/30fpsの動画撮影も可能。画像ファイル形式は、静止画がJPEG、動画がMOV(H.264/AVC)。約27.6MBのメモリを内蔵するほか、外部メモリとしてSDXCメモリーカードを使用できる。

ISO感度はISO80〜3200(HSナイトショット時:最大25600)。シャッター速度はオートが1/4秒〜1/2,000秒、プレミアムオートPROが4秒〜1/4,000秒、絞り優先AEが1秒〜1/2,000秒、シャッター速度優先AEおよびマニュアル露出が15秒〜1/2,000秒。露出補正は-2.0EV〜+2.0EV(1/3EVステップ)。フォーカス方式はコントラスト検出方式、フォーカスモードはオートフォーカス / マクロ / マニュアルフォーカスなど。撮影可能範囲は約4cm〜(マクロ時)。

電源は専用リチウムイオン充電池「NP-130A」を使用し、撮影枚数が約455枚(CIPA規格準拠)、フルHD動画撮影時間が約1時間30分、連続動画撮影時間が約2時間25分(タイムラプス撮影時:約4時間35分)。本体サイズはW108.3×D33.6×H61.5mm、重量は約242g(電池およびメモリーカードを含む)。

(リアクション)