「銀座千疋(せんびき)屋」の「フルーツサンド」(1080円)

写真拡大

名古屋市中村区の名鉄百貨店で、同店のバイヤーが選ぶ全国のおいしいものを集めた「第4回 全国逸品うまいものまつり」が2017年2月14日(火)まで開催中だ。同イベントには有名店の定番商品のみならず、東海初お目見えのメニューも登場する。

「岩崎本舗」の「九州しょうゆてりたまバーガー」(写真下 350円)

■ 「銀座千疋(せんびき)屋」の「フルーツサンド」

高級フルーツ専門店として有名な「銀座千疋屋」。同店の「フルーツサンド」(1080円)は見た目も美しく、数多くのメディアでも取り上げられるほど人気の商品だ。

■ 「岩崎本舗」の「九州しょうゆてりたまバーガー」

同店定番の「角煮まんじゅう」(399円)と同じ皮を使用する新商品「九州しょうゆてりたまバーガー」(350円)。自慢の皮と、ハンバーグ、甘辛い照り焼きソースの相性が抜群!

■ 「丸武(まるたけ)」の「江戸前玉子焼きサンド」

80年以上の歴史を持つ築地の玉子焼き専門店「丸武」。看板メニューである「江戸前玉子焼」(995円)をパンで挟んだ「江戸前玉子焼きサンド(650円)は各日60個限定だ。

今回で4回目となる「全国逸品うまいものまつり」。今年は美しいフルーツサンドや老舗の新メニューなど、サンド系グルメに注目してみよう。【東海ウォーカー】