ナムグン・ミン主演ドラマ「キム課長」またも視聴率上昇…15.5%で水木ドラマ1位に!

写真拡大

「キム課長」が視聴率上昇の勢いを見せつけている。

9日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、先日8日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン) は、全国視聴率15.5%を記録した。これは先日2日の放送分が示した13.8%より1.7%上昇した数値で、同時間帯のトップを占めた。

「キム課長」は、お金に対しては天賦の才能を持つキム・ソンリョン(ナムグン・ミン) が不正、不合理と戦う過程を描く。ナム・サンミ、2PMのジュノ、チョン・ヘソン、キム・ウォンへなどが出演している。

同時間帯の電波に乗った水木ドラマSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」とMBC「ミッシングナイン」は、それぞれ10・7%と3.8%の視聴率を記録した。