2PM、オーストラリアでアルバイト探し「掃除に力仕事、なんでもします」

写真拡大

2PMが、旅行経費を稼ぐためにアルバイトに乗り出した。

8日午後に韓国で放送されたK STAR「2PM WILD BEAT」では、2PMがオーストラリア旅行でアルバイトを探す様子が公開された。

この日の放送でニックンは、メンバーに「アルバイトを探してお金を稼がなければならない」と提案し、テギョンは「今日の僕らのすべきことはアルバイト探し」と付け加えた。

引き続きニックンは「先に繁華街に行ってみよう」と話し、Jun. Kは「履歴書より重要なことは、僕らの度胸だ」として自信を見せた。

だが続く門前払いに挫折する姿を見せ、ジュノは「繁華街の方が大変そうだ。僕らの何を信じてお金をくれるんだ」と言い、ため息をついた。

その時にニックンが「ここにタイレストランがある」と叫び、ジュノはニックンがためらうとすぐに「タイの王子がなぜためらうの?」と言って後押しした。

これに対しニックンは、タイレストランの社長に「清掃、ウエイター、何でもやる。アルバイトでお金を稼いで旅行経費を集めなければならない。力仕事もする」とアピールし、ニックンのおかげでジュノとチャンソンが面接に合格した。

するとジュノは制作スタッフに、「嘘だろうと思った。内心嘘だったらいいなと思っていた。アルバイトをする心の準備ができていなかった」と告白し、チャンソンは「社長が僕らを指名した。人気投票だったのか?」と話して笑いを誘った。