疑惑の夫婦に扮する (c)2016 Paramount Pictures.
All Rights Reserved.

写真拡大

 ロバート・ゼメキス監督がメガホンをとり、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが過酷な運命に翻ろうされる男女を演じたラブストーリー「マリアンヌ」の特別映像が、公開された。本作のサスペンス要素について、ゼメキス監督とコティヤールが語っている。

 第2次世界大戦下のモロッコ・カサブランカ。ドイツ大使の暗殺任務を遂行するべく夫婦を装う英国諜報員マックス(ピット)と仏軍のレジスタンス、マリアンヌ(コティヤール)は、死線をくぐり抜けるうちに互いに心ひかれ、任務遂行後に結婚。子どもを授かり幸せな夫婦生活を送っていたが、マリアンヌに2重スパイの容疑がかかったことから、夫婦の間には疑念が立ち込める。

 ゼメキス監督とコティヤールはそれぞれ「これはロマンチックスリラーだ。衝撃的な事実が発覚する。機密の漏えいだ。(マックスは)マリアンヌの正体を突き止めようとする。目が離せないストーリー展開で最後まで引き込まれるでしょう」(ゼメキス監督)、「エンターテインメント作品で、衝撃的でサスペンス感がある作品です」(コティヤール)と言及。2人の言葉を裏付けるように、マックスが「罠(わな)なのか?」と緊迫の表情を浮かべるシーンやマリアンヌが「騙(だま)しあいね」と語る姿など、ピットとコティヤールが演技合戦を繰り広げるシリアスな本編映像が収録されている。

 「マリアンヌ」は、「コードネーム U.N.C.L.E.」のジャレッド・ハリス、「裏切りのサーカス」のサイモン・マクバーニー、「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のリジー・キャプラン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のマシュー・グードらが脇を固める。「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」を手がけたスティーブン・ナイトが脚本を担当した。2月10日から全国公開。