「ワールド・ウォー Z」の一場面 (C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 米パラマウント・ピクチャーズが2017年のラインナップから、ブラッド・ピット主演「ワールド・ウォー Z 2(仮題)」を取り消したと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 同作は世界興収5億4000万ドルの大ヒットとなったパニックスリラー「ワールド・ウォー Z」の続編で、当初は17年6月9日の全米公開を予定していた。しかし、前作のマーク・フォースター監督に代わりメガホンをとる予定だったフアン・アントニオ・バヨナ監督が「ジュラシック・ワールド2(仮題)」を優先して降板。情報筋によると、パラマウントは18年か19年の完成を目指しているという。

 プロデューサーを兼ねるピットは、バヨナ監督の降板後、「セブン」や「ファイト・クラブ」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」などでタッグを組んだデビッド・フィンチャー監督にラブコールを送っていた。現時点では契約締結には至っていないものの、フィンチャー監督はいまも「同作を監督することにクリエイティブ面での強い関心を抱いている」ようだと同誌は報じた。