画像

写真拡大 (全2枚)

 unerryとコカ・コーラウエストは、業務提携を行うことを発表。今後両社は、ビーコンシェアプラットフォームと自販機を連携した取り組みを行っていく。

 近接マーケティングプラットフォーム「Beacon Bank-ビーコンバンク」(以下、ビーコンバンク)事業を運営するunerryは2016年12月28日、コカ・コーラウエストと業務提携に関する基本契約を締結した。

 今回の提携で両社は2つの取り組みを行う。一つは、コカ・コーラ自販機の品揃え最適化。ロケーションごとの購買動向や顧客特性などをビッグデータ分析を通じて明らかにし、品揃えの最適化を目指す。

 2つ目は、ビーコンバンクとコカ・コーラウエストが管理する「スマホ自販機」の連携。これにより、自販機をIoTインフラとして社会に提供できるため、企業や地域団体、自販機の利用者は幅広くビーコンサービスを使えるようになる。

MarkeZine編集部[著]