“解散発表”SPICA、SNSで心境告白「どんな形で存在しても忘れないでください」

写真拡大 (全2枚)

「どんな形で存在しても忘れないでください」

SPICAのメンバーらは8日午後、SNSを通じて手書きメールを公開した。解散を控え、ファンに率直な心境と立場を伝えた。

この手紙を通じてメンバーらは先に「まず5周年を控え、何の前触れもなく突然こんなことになりまして、記事をご覧になり、当惑されたはずの皆様に申し訳ございません」と話した。

続けて「メンバーらは今後どうすべきか、苦心の末、当分ソロ活動に集中しようという結論を出し、今の事務所と契約解除について話していました。突然のニュースに心配されたファンの方々を考えると胸が痛くなりますが、状況を収拾し、できるだけ正確な内容をお伝えしようと思い、すべてを整理してやっと申し上げることになりました」と説明した。

また、SPICAは「今の状況では5人がまたSPICAとして一緒になる日が正確にいつになるか申し上げることはできませんが、今が絶対終わりではないということは必ず申し上げたいです」と強調した。

SPICAは「それぞれ良い姿で皆さんと出合う私たちメンバーを応援してください。5年間MERCURY(ファンクラブ名) からもらった思い出でSPICAはとても幸せでしたし、どんな言葉でも表現できないほどありがたい時間でした。SPICAがどんな形で存在してもいつもMERCURYの皆様と一緒にいることを忘れないでください」と付け加え、手紙を終えた。

SPICAは2012年にデビューし、イ・ヒョリの妹グループとして話題を集めたが、結局デビュー5年目に解散することになった。

5人組ガールズグループSPICA、解散を電撃発表