山里亮太(南海キャンディーズ)

写真拡大

9日放送の「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で、山里亮太が、とろサーモン・久保田和靖の逸話を語った。

番組では山里の独断で、同期の久保田に再来週22日のスペシャルウィークへの出演をオファーすることに。そしてその流れで、「久保田の人となりがわかる」として、彼が原付きバイクで事故を起こしたときのエピソードを明かした。

それは山里がブレーク前、久保田とともに先輩の千鳥・大悟にたびたび世話になっていたときの話だ。ある日山里の自宅で鍋をすることになり、久保田とともにスーパーに買い出しへ。

ところが、その帰路で原付きに乗った久保田が転倒する事故を起こす。先行していた山里が駆け寄り「大丈夫か!」と声をかけると、久保田は痛みにうめき声を上げながら、「ヤバイから、救急車呼んで…」と要請。

そのときだ。事故の激しさを物語るように、少し離れたところに落ちていた久保田の携帯電話に着信が入る。山里が拾って画面をみると、そこには「尼崎のセックスフレンド」と記されていたそうだ。

苦しそうな久保田だが、その場で電話に出て「もしもし…うん…2時間後ぐらいに行ける…」と告げたとのこと。山里は「そういう男です」とまとめてこの話を締めくくっていた。

放送終了直前、久保田がオファーを受けたことが明らかに。山里は発起人ながら、「ちょっと怖いなあ…」「久保田はヤベえからな。生放送との相性は結構危険」とこぼし、スペシャルウィークの放送は波乱含みの内容になりそうだ。

【関連記事】
山里亮太が細川たかしのカツラ疑惑を否定「完全な地毛だった」
山里亮太 声優を務めた作品のファンにブチ切れられた「トラウマ」告白
山里亮太が初詣で見かけたカップルの会話に憤慨「もうテロだろ!」