NORAZO イ・ヒョクが脱退を発表…バンドH.Y.U.Kの活動に集中

写真拡大 (全2枚)

男性デュオNORAZOのイ・ヒョクが脱退を宣言した。

所属事務所側は9日「イ・ヒョクがNORAZOとしての公式な活動を中断する。チョビンとイ・ヒョクは最近、12年間の活動を終了することに合意した」と伝えた。

チョビンはイ・ヒョクの音楽的な挑戦を応援し、イ・ヒョクも新たなNORAZOの活動に乗り出すチョビンに感謝の気持ちを伝えた。イ・ヒョクは今後、3人組バンドH.Y.U.Kで活動する予定であり、チョビンは新メンバーを迎え入れ、NORAZOの活動を続けていく計画だ。

所属事務所の関係者は「二人は長期間話し合い、お互いの意見を尊重してこのように決定した。最後までお互いの道を応援した。今後、彼らが聴かせてくれる音楽に、多くの関心をお願いしたい」と伝えた。

NORAZOは2005年1stアルバム「初出演」で歌謡界にデビューし、その後「サバ」「カレー」などユニークな曲で大人気となった。