写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、企業がVR(Virtual Reality:仮想現実)を活用したプロジェクトを一元的にアウトソースできるVR活用支援ソリューションの提供を、2月9日より開始すると発表した。料金は個別見積もり。

このソリューションは、コンテンツの企画や制作、配信、効果測定までをワンストップで提供する。同社は、同社の強みであるVR配信プラットフォームの提供実績やVRコンテンツ制作や配信に必要な技術、またNTTグループが有する映像の高精細化技術「パノラマ超エンジン」などを活かしてVRの活用支援を行う。

同社ではVRコンテンツの体験方法として、ゴーグル以外にも湾曲型ディスプレイにも対応。また、Apple TVのリモコンをコントローラーとするカスタマイズにも対応する。

先行導入事例としては、H.I.S.がプレミアムフライデー利用の沖縄ツアー全行程を体験できるVRコンテンツを2月9日より、H.I.S.の店舗内で公開。利用者が実際に訪問する時間に撮影した空港やホテルの動画など、観光名所だけでなくツアー全体の様子を疑似体験できるという。