『フィッシング対策協議会』によると、Appleを装った偽メールが出回っています。しかも件名・本文・ウェブサイトが日本語で書かれたものもあり、巧妙化しています。

「Apple IDはロックされます」

今回明らかになった詐欺メールは「あなたのApple IDはロックされます」や「アカウントがロックされています」、「Your Apple ID has been locked.」などの件名で送られてきます。

Apple IDのロックを防ぐため、としてApple IDに関する情報を記入するようにウェブサイトへ誘導。しかしそれは偽物で、入力した情報は第三者に送信される恐れがあります。

リンク・URLは必ず確認する

今回の詐欺メールでは「http://appleid.apple.co.jp.verify.id.sxf.●●●●.info/」といった、Appleを装ったウェブサイトに誘導しようとします。

URLはAppleのウェブサイトのように見えますが、「.co.jp」の後に「/」がなく、文字列が続いています。最後まで見ると、まったく別のウェブサイトであることが分かります。

リンク・URLは必ず確認しましょう。Apple IDに関する情報を確認・変更できるのは「https://appleid.apple.com/」です。

また、ウェブブラウザで「https://appleid.apple.com/」を開くと、アドレスバーの表示が以下のようになります(画像はiPhoneのSafariの場合)。


URLを確認するにはアドレスバーをタップしましょう。

Appleは、Apple IDを守る対策を1つのページにまとめて紹介しています。ぜひチェックしてください。

セキュリティと Apple ID - Apple サポート

参考

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan