マジウケる!!彼氏と大笑いの『ラブホ珍事件』・4選

写真拡大



ラブホテルが好きな方、嫌いな方、利用する方、しない方。ラブホテルに対する思いは人それぞれだと思いますが、特殊な場所だけにいろいろなできごとがあるようです。そこで今回は、「え? そんなことあるの?」というような『ラブホ珍事件』をまとめてみました!

■●猛獣がいる!?聞こえてきたすごい声

基本的に、ラブホテルはしっかり防音されています。いろんな声が出てしまう場所ですから防音は当然のことですが、実際のそのレベルは、場所によってさまざま。もともと別の建物を改装したような場合だと、少し防音が甘かったりする場合もあるようです。

そんなラブホテルですが、あるカップルが部屋に入って、一息ついたときのこと。「ぬおおおおおおお!」というような雄叫び(おたけび)が聞こえてきたそう。カップルは、顔を見合わせて大爆笑。

いくら防音されているとはいえ、喘ぎ声ではなく叫び声だと、ほかの部屋にも聞こえてしまいかねません。ちなみにドアは壁ほどの防音効果があるわけではないため、ドアのそばでのエッチは控えたほうが賢そうですよ。

■●お風呂も注意!のぼせたり、あふれたり…!?

改装やリフォーム後のラブホテルで、ちょっとした事故があったそうです。一回戦の前にお風呂に入ろうと、お風呂の自動スイッチを入れて、待っている間に寝てしまったカップル。

朝、フロントからの電話で起きると「部屋から水漏れがしている」とのこと。「え!?」と思って床をみると、なんと部屋全体が水没中!お風呂の流し口が詰まっていたことで、出っぱなしだったお湯が、そのままお部屋を浸水してしまったようです。

このほか、お風呂でのぼせて、一回戦の前からフラフラになってしまったケースや、お風呂ですべって顔を強打。鼻血でエッチどころではなくなったケースなど。意外とラブホテルのお風呂は危険な場所かもしれません。

■●誘われたのに、できないってどういうこと!?

機器や事故、お部屋のトラブルだけでなく、相手の思わぬ行動で、エッチができないなんてケースもありますよね。いい雰囲気になって、ホテルに誘われ承諾。お風呂で綺麗になって、さぁこれから!というときに…「ごめん、そういう気分じゃなくなっちゃった」と、スヤスヤ寝始める相手!

気分って女子か!とツッコミたくなりますが、サトリ世代には、意外とこういう男子が意多いみたいです。男心は難しいですね…。

■●ゴムだけに要注意!コンドームトラブル

エッチのときに必須の、あのアイテムにまつわるトラブルも多いようです。コンドームの装着って、わりとコツがいりますよね。慣れない彼女が、コンドームを装着した際、彼のアソコの毛を巻き込みながらつけてしまい、外すときはブチブチと強制脱毛状態なんてケースや、ひっぱって伸ばしてから使おうとしたら、思わず手がすべって、彼のアソコにゴム弾がさく裂!彼が悶絶するなんていうケースも…。コンドームに慣れていない女子は、ちょっと練習してから使ったほうがいいかもしれません。

■●おわりに

いままでのラブホ珍事件が思い浮かんだという方も多いのではないでしょうか?最近ではオシャレできれいなラブホテルも増えているので、しっかり選んで、好みを探してみるのも楽しいかもしれませんね。みなさんが、珍事件に合わず、素敵な夜を過ごせますように!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)