小山昇(Noboru Koyama)  株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。『1日36万円のかばん持ち』 『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』 『強い会社の教科書』 (以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。  【ホームページ】http://www.m-keiei.jp/

小池都知事が「夜8時には完全退庁を目指す」、日本電産の永守社長が「2020年までに社員の残業をゼロにする」など、行政も企業も「残業ゼロ」への動きが急加速中!
株式会社武蔵野は、数十年前、「超ブラック企業」だった。それが日本で初めて日本経営品質賞を2度受賞後、残業改革で「超ホワイト企業」に変身した。
たった2年強で平均残業時間「56.9%減」、1.5億円もの人件費を削減しながら「過去最高益」を更新。しかも、2015年度新卒採用の25人は、いまだ誰も辞めていない。
人を大切にしながら、社員の生産性を劇的に上げ、残業を一気に減らし、過去最高益を更新。なぜ、そんな魔法のようなことが可能なのか?
『残業ゼロがすべてを解決する』の著者・小山昇社長に、人材育成のヒントを語ってもらおう。

ワールドカップで思いついた
残業削減の秘策

 現在は、社内システムにアクセスできない時間を21時30分から30分繰り上げて、「21〜4時まで」としています。
 
 30分の繰り上げを思いついたのは、2014年の6〜7月に行われた「サッカーワールドカップブラジル大会」がきっかけです。

「日本戦」が朝の通勤時間帯(朝7時)から中継されたとき、私は、「当日は出社を2時間遅らせていい。ワールドカップを観てから出社しなさい」と指示を出しました。

 定時出社にしたところで、気もそぞろで仕事が手につかないのは目に見えていたからです。

 すると社員は、拍手喝采。
「小山さんは、なんていい社長なんだ。神様、仏様、小山様」
 と喜びました(笑)。

 そうすると、面白いことに、「始業時間は2時間遅くなったのに、仕事が終わる時間も仕事の量も、ほとんど変わらなかった」のです。

 この事実から、私は、次のような仮説を立てました。

「ホストコンピュータの遮断時間を30分早めても、いつもと同じ量の仕事ができるのではないか?」

 そこで、後日、全社員を集めた勉強会で「これからは、21〜4時まで社内システムを止める」という方針を打ち出した。

 ワールドカップのときとは打って変わって、社員からは大ブーイング。
賛成した人はひとりもいません。

 社員のためを思って、「遅くまで仕事をしなくていい」と言ったのにブーイングになるから、わが社の社員も変わっています(笑)。
 それだけ残業代がほしい。

「小山さんは、なんてひどい社長なんだ。鬼だ、悪魔だ」
 と手のひらを返したが(笑)、
「始業時間を2時間遅らせても終業時間が変わらなかったから、30分早めても文句は言えないはずだ」
 と社員を説得し、断行した。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)