【大阪オートメッセ2017】日産はスカイラインの60周年記念モデルなど8台を出展

写真拡大 (全3枚)

GT500マシンも展示される

日産は大阪にあるインテックス大阪で2月10日から12日に行われる大阪オートメッセに8台の魅力的なクルマを展示する。

その中でも得に注目してほしいクルマは3台だ。まず、スカイライン・プレミアムスポーツコンセプトはスカイラインの60周年を記念したモデル。リヤビューを引き立てる専用エキゾーストは存在感をアピールしている。

そしてミニバンにプレミアム感とスポーティーさを兼ね備えた、セレナ・ハイウェイスター・プレミアム・スポーツコンセプトは、ブラックのボディーカラーにで落ち着いた印象を演出。内装のブラウンレザーは高級感あふれる空間となっている。

「電気自動車の新しいカタチ」で話題のノートe-POWERにNISMOが追加された。専用のスウェードシートやボディ補強、専用サスペンションなどを装着し、燃費性能に加えコンパクトカーと思えない走りを可能としている。