心臓の鼓動が充電をまかなう、未来のペース・メーカー

写真拡大 (全4枚)

スイスとアメリカの科学リサーチャーたちが、未来の医療器具を製作中である。バッテリーを変更しなくとも、半永久的に使用できるペースメーカーがそれだ。

腕時計の原理を利用

たとえば腕時計は手首の動きや振動を元にして作動するが、それと同様に心臓の鼓動が、リードと呼ばれる電線を伝わりペースメーカーに流れ、バッテリーを常に動かし続けるのだという。

一般のペースメーカーは、このリードを介し、心臓の鼓動をシグナルとしてチェックし続ける。そして、鼓動に乱れがあった場合に感知し、電気の刺激を与えて治療を行う仕組みになっている。

Source: http://www.damngeeky.com/2017/01/13/46575/swiss-watch-style-device-will-power-pacemakers-will-powered-heart.html

しかし、ペースメーカーの心臓ともいえるバッテリーが上がってしまえば、当然ながら新しいものに交換しなくてはならない。ただ、体内に取り付けられたペースメーカーのバッテリー交換、となれば、おいそれとは簡単にいかない。

この問題を解決すべく、スイス・ベルン大学のリサーチャー、アンドレアス・ハーベリン氏と、アメリカ・ミシガン大学のリサーチャー、エイドリアン・トゥブフェン氏のふたりが、腕時計のコンセプトを参考にし考案したのが、バッテリー変更のいらないペースメーカーだ。「人間の心臓は強力な収縮を伴いながら動き続けているが、そのパワーは電池の役割を立派に果たせる」と2人は話す。

Source: https://pixabay.com/

どのような方法で?

しかし、心臓の収縮が生み出す運動エネルギーを、いったいどのようにして的確にキャッチし、充電用として蓄電しておくのだろうか?

前述したように、腕時計は手や腕を振ると、内部の機械が前後・上下に揺れる。このとき生まれる動きが、時計内部に仕込まれた一種のバネにパワーとなって蓄積され、時計を作動させる。これと同様に、 心臓の近くにこの新しいペースメーカーを設置すれば、収縮が引導パワーとなってペースメーカーに働きかけ、持続的に作動させることできると考えられているわけだ。豚による初期段階のテストでは、約6マイクロワットが得られたが、これは小型のペースメーカーを持続して動かすのに十分な電気量だという。

Source: https://c2.staticflickr.com/6/5084/5229861277_9f99be2b67_b.jpg

交換バッテリーは過去のものに?

この新型ペースメーカーに使用されている機能を、一般のペースメーカー内に補助として併用することも検討されている。というのは、たとえば本体が故障を起こした場合でも、この新しいペースメーカー機能が併用されていれば、健全な心臓の鼓動によって作動し続けることができるからだ。

リサーチを伴った研究は、まだあと数年間続けられる見通しである。しかし、一般で使用されているペースメーカー用の交換バッテリーが、いつの日か過去のものになる可能性は大きい、と世界の医療学会からも注目を集めているという。

【参考】

This Swiss watch would power, and be powered by, a heartbeat - TechCrunch