写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LG Electronicsは2月8日(米国時間)、Googleと共同で開発したスマートウォッチ「LG Watch Sport」と「LG Watch Style」を発表した。同日にGoogleが提供開始を発表したAndroid Wear 2.0を搭載する。米国で2月10日にGoogle Storeなどで発売される。

Watch SportとWatch Styleはどちらもマイクを内蔵し、GoogleのAIを活用したデジタルアシスタント「Google Assistant」の利用が可能。竜頭の電源ボタンを回転させて通知やアプリ・リストをスクロールしたり、マップのズームといった操作を行える。

Watch Sportは多機能なスマートウォッチだ。Bluetooth、Wi-Fi、GPS、NFC、心拍数センサー、4G LTEを備える。米AT&Tが販売するモデルはスマートフォンが無くても単独で通話やテキストの送受信が可能、Android PayやGoogle Play Musicの音楽ストリーミングを使用できる。ただし、多機能だけに内蔵バッテリーが430mAhと大きく、厚みは0.56インチ(約1.42センチ)だ。カラーはタイタニウムとダークブルー。

・ディスプレイ:1.38インチ (480×480) P-OLED、Gorilla Glass 3
・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon Wear 2100 (1.1GHz)
・メモリー:768MB
・ストレージ:4GB
・バッテリー:430mAh
・ワイヤレス/センサー:Wi-Fi、Bluetooth、4G LTE、GPS、NFC
・価格:349ドル

Watch Styleはベーシックな機能に絞り込まれていて、薄くて軽量、クラシックなデザインで、幅広いファッションに合わせやすい。カラーはシルバー、ローズゴールド、タイタニウムの3色。GoogleのMODEテクノロジーに対応しており、MODE対応の18mmのバンドに付け替えられる。

・ディスプレイ:1.2インチ (360×360) P-OLED、Gorilla Glass 3
・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon Wear 2100 (1.1GHz)
・メモリー:512MB
・ストレージ:4GB
・バッテリー:240mAh
・ワイヤレス:Wi-Fi、Bluetooth
・価格:249ドル(ローズゴールドは279ドル)

(Yoichi Yamashita)