ラスベガスで「100億円」稼いだブリトニー・スピアーズの近況

写真拡大

ブリトニー・スピアーズはラスベガスで1億ドル(約112億円)を超える金額を稼ぎ出した。といってもこれは、彼女がラスベガスのカジノで大金を稼いだという話ではない。

近年はアパレルブランドや香水やモバイルゲームでも稼ぐブリトニーは、ラスベガスのカジノリゾートホテルで「Piece Of Me」と題した定期公演を行っている。ビルボードが発表したデータによると、その累計売上がついに1億ドルを突破したという。

3年前から開催されているこのショーは250回近く上演され、累計売上は1億300万ドルだという。観客の多くは彼女のファンというよりはむしろ、観光でラスベガスを訪れた若者たちだ。ラスベガスではセリーヌ・ディオンやエルトン・ジョンらもショーを行っているが客たちの年齢層は高めだ。一方でブリトニーを観に来るのはミレニアル世代が多いという。

売上1億ドル突破を記念して会場のカジノリゾートホテルPlanet Hollywoodは、ブリトニーの公演スケジュールを今年の秋まで拡大すると発表した。ラスベガスでぜひ彼女を見たいという人は今なら、8月と9月のチケットを予約可能だ。

「Piece Of Me」ショーは2013年に始動し、当初は2年間の定期公演とされていた。売上は好調で、その後さらに期間を延長して現在に至っている。2月1日の公演でブリトニーは、衣装がはだけ乳首を露出するアクシデントでメディアの注目を集めたが、昨年8月に発売のアルバム「Glory」は、さほど話題になっていない。

ブリトニーが近年、本格的にツアー活動を行ったのは2011年のことで、その後はラスベガス以外で彼女の歌が聞ける機会はほとんど無くなっている。メジャーな音楽シーンからは引退してしまったようにも見えるブリトニーだが、ラスベガスにおいて彼女は、間違いなくブレイクを果たしているのだ。