周りが結婚し、友達が自分より家族を優先しだす30代。周りが結婚しても独身を貫いている30代男子は、一体恋愛についてどう考えているんでしょうか? 年上彼氏が欲しいと思っている女子も多いはず、30代男子の本音について探っていきましょう。

やっぱり結婚したいorそれでも独身を貫きたいの二極化


結婚したくない派の男性意見



30代は仕事でもそろそろ重要なポジションにつき始めて、仕事がノッてくる頃。そんな中、仕事にやりがいを感じている男子にとって、恋愛や結婚は仕事の上で邪魔だと感じている人もいるようです。

「仕事が忙しくて、夜も帰りが遅くなってしまう事も多いので、正直彼女とか結婚とかに気が回らない」
「20代のころは、漠然と30代で結婚するのかなと思っていました。でも、一人暮らしが長くなると、生活にも自分なりの住み心地の良さなんかが出てきてしまって……。他人と住むことが想像できないです」

と結婚しなくても現状に満足していると言った声が。確かに、社会人になったと同時に1人暮らしを始めたとしたら、一人暮らし歴も30代を過ぎるころにはかなりのベテランに。

料理も掃除や洗濯も、それなりにできて、生活に不便を感じていない人も結構いるようです。そうなると、逆に新しく女性と生活することで、今までのペースが乱れることや、自分だけのリラックス空間がなくなってしまうことに、不安を感じてしまう男子も若干いるようで……。立派な「おひとり様」状態になってしまっています。

結婚したい派の男性意見



一方で、結婚したいと思っている声もちらほら。

「友人の結婚式に出るたびにうらやましくなる」
「大型連休などで誘える人が少なくなってきて、こういう時に独身を実感する。休みの日に家にいると寂しい」
「子ども好きなので子どもが欲しい」

今まで一緒に飲みに遊びに行っていた学生時代の友人が、休みには父親として家族サービスをしている様子を聞いてしまうと、「あ〜結婚したい」と思うようです。

このように、30代にもなってくると、職場のポジション、仕事の考え方、生活スタイルなど、人それぞれに事情が変わってきて、彼らの考えが2分化されるのも頷けるけど……。

交際は慎重に……30代の恋愛は奥手になってしまいがち



そんな独身の彼らは、恋愛に関しても結構シビアに考えてしまうようで、20代の時のように、勢いや雰囲気で付き合うことができなくなっているとか。

交際期間が長くなるにつれ、相手の女の子が考えるのはやはり結婚の二文字。相手も同じくらいの年齢なら、なおさら結婚を前提にお付き合いをしているつもりでいるはずなので、いつまでも待たせるわけにはいきません。

すぐにでも相手の気持ちに応えたい気持ちもあるけれど、そこはここまで勢いで結婚しなかった30代男子。

友人の中には、すでに結婚に失敗し、離婚してる人もいて、そんな人の話を聞いていると大変だなと思ったり、男としての責任や仕事のこと、生活スタイルの変化などに深く考え込んでしまうので、結婚に対して慎重になっています。

女と男の結婚したい熱の差によってトラブルになったり、無理して結婚してすぐ離婚……などのリスクを考えると、恋愛関係になる前に、「本当にこの人でいいのかな」と深く考えてしまうのです。

これまでの恋愛経験をふまえた上で彼女に求めること



それでも女子にとっては、独身男性は貴重な恋愛候補。できれば恋愛や結婚に前向きになって欲しいですよね。

彼らは、今まで培ってきた恋愛経験で、嫌だなと思ったことや関係がうまくいかなくなった原因を踏まえて、一緒に居て居心地の良い人を選びたいと思っています。

つまり、女子も若い時のように情熱的な恋愛を求めていては、30代男子のココロは動かしづらいということ。

あまりにも彼氏に依存しすぎる人、人の意見や流行に流されやすい人は論外。仕事を頑張っていて、生活的にも自立している人。男の仕事を理解し、応援してくれるような余裕のある女性にそばにいて欲しいんです。

会いたいからといって、彼の予定を聞かずに会いに来てうれしいのは20代の恋愛。30代はお互いに自立し、尊重し合う関係を彼女に求めます。

いかがですか? ここで紹介した声は一部ですが、男子側の心理を少しでも理解することで、硬い殻を被った独身男子のハートをキャッチできるかもしれません。ぜひ、新たな出会いの参考にしてみて。
(キノシタマユコ)