中国国内では「日本企業は一流品を日本で販売し、二流品を欧米に輸出し、三流品を中国に輸出している」というデマが存在し、広く知られる存在となっている。このデマの対象はありとあらゆる日本製品に適用され、日系車についても「中国の国内と国外では日系車の品質が違う」という論調は中国では良く見受けられるものだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国国内では「日本企業は一流品を日本で販売し、二流品を欧米に輸出し、三流品を中国に輸出している」というデマが存在し、広く知られる存在となっている。このデマの対象はありとあらゆる日本製品に適用され、日系車についても「中国の国内と国外では日系車の品質が違う」という論調は中国では良く見受けられるものだ。

 中国メディアの汽車之家は7日、中国国内における日系車の品質をめぐるデマについて考察する記事を掲載し、「日系車の品質が中国の国内外で異なるという主張は本当なのか」と疑問を投げかけている。

 記事は、日系車を含めた日本製品に対するデマを紹介したうえで、「国が定める自動車の品質基準は国ごとに異なることは知っておくべきであり、消費者のニーズも国によって差がある」と指摘。つまり、国や地域によってスペックを調整することは日系車に限らず、欧米メーカーも同様に行っていることだと論じた。

 さらに、日本の自動車メーカーが米国などで大規模リコールを実施した際、中国では同車種であってもリコールを行わなかったとして批判の声があがったと紹介する一方、「日本は自動車の輸出大国であり、各市場ごとにスペックを調整した車を輸出している」と指摘し、ある市場でリコールが発生しても別の市場ではリコールが必要でないケースは発生し得ることであると指摘した。

 また記事は、同じ車種でも各市場でスペックが異なるからと言って、安全性など品質に差が生じているかと言えば、それは「あり得ないこと」だと主張。その証拠に日系車は米国でも欧州でも、そして中国でも自動車アセスメントで高い安全性を持つことが証明されていると指摘したほか、中国の国内外で「自動車の構造や使用している材質にも差はない」のが現実であると紹介、「日系車の品質が中国の国内外で異なるという主張は事実ではなく、やはりデマである」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)