写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは2月8日(現地時間)、ウェアラブル端末向けOSの新メジャーバージョン「Android Wear 2.0」の提供を発表した。

Android Wear 2.0は昨年5月にGoogle I/O 2016で発表され、2016年秋のリリースが予定されていたが、大規模な変更になることから開発者向けプレビュー期間が延長されていた。正式リリース版は、Google I/Oで発表した全ての機能を備える。

2.0の強化点および新機能は「スタンドアローンアプリ」「通信やセンサーのオプション拡大」「新しいユーザーインターフェイス」「ウォッチフェースのカスタマイズ機能の拡充」「Google Fitの強化」「入力方法の拡充」「Google Assistant」など。

スタンドアローンアプリと通信オプションの充実によって、スマートフォンを持ち歩いていない時でも、独立したAndroidデバイスとして幅広く活用できるAndroid Wearウォッチが可能になる。スタンドアローン・アプリは、スマートフォンとの連携を必要とせず、Android Wearウォッチのみで使用できるアプリだ。Android WearがGoogle Playストアを備えており、Android Wearウォッチでアプリをインストールすることが可能。Web版のGoogle PlayストアからAndroid Wearウォッチへのインストールを指定することもできる。ワイヤレス機能はBluetoothのほか、単独のWi-Fi通信、LTEを含むセルラー機能など、スマートウォッチを単独でネット機能に対応させるオプションをサポートする。

ユーザーインターフェイスは、ナビゲーションが簡素化され、スワイプを軸により直観的に操作でき、よく利用する機能やアプリにアクセスしやすい。クラウンを回す、ベゼルを回すといった回転を使った操作のサポートが組み込まれている。

豊富なウォッチフェースを選べるのがAndroid Wearの特長の1つだが、ウォッチフェースの色、背景、コンプリケーションなどを端末上でユーザーが柔軟にカスタマイズできる。ウォッチフェースに情報を表示するコンプリケーションのAPIが用意され、サードパーティによるコンプリケーションの提供も始まった。

NFCに対応し、Android Payを利用できる。GPS、モーションセンサー、心拍数センサーなどフィットネスに必要なセンサーをサポート。Google Fitは、距離、ペース、消費カロリー、心拍数、さらにウエイト回数の計測もサポート、腕立て伏せ/腹筋/スクワットなどのチャンレンジ機能を備える。

入力機能は、小さな画面でも指先でなぞるようにしてキーボード入力が可能(SwiftKey入力)、ほかにもスマートリプライや手書き認識などを使用できる。

Google AssistantはAIを活用した会話型のデジタルアシスタントだ。Android Wearウォッチでは「OK, Google」と話しかけるか、電源ボタンを押すと起動し、情報の入手やサービスの利用をサポートしてくれる。ただし、現時点でサポート言語は英語とドイツ語のみ。今後の拡大が予告されているが、日本語対応がいつ頃になるかは不明。

Android Wear 2.0を搭載するスマートウォッチとして、8日にLGがGoogleと共同で開発した「LG Watch Style」「LG Watch Sport」を発表した。また、以下の機種を含む数多くのAndroid WearウォッチにAndroid 2.0へのアップデートが提供される。

ASUS ZenWatch 2/3、Casio Smart Outdoor Watch、Casio PRO TREK Smart、Fossil Q Founder、Fossil Q Marshal、Fossil Q Wander、Huawei Watch、LG Watch R、LG Watch Urbane、LG Watch Urbane (2nd Edition LTE)、Michael Kors Access Smartwatches、Moto 360 (第2世代)、Moto 360 for Women、Moto 360 Sport、New Balance RunIQ、Nixon Mission、Polar M600、TAG Heuer Connected

(Yoichi Yamashita)