痛くないですか?
 - (C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown

写真拡大

 マーティン・スコセッシ監督が製作総指揮を務めたアクションコメディー『フリー・ファイヤー』の日本公開が決定した。

 第41回トロント国際映画祭で、エッジの効いた作品が集まるミッドナイト・マッドネス部門の最高賞にあたる観客賞を受賞した同作。90分間のワンシチュエーションで、ある倉庫に銃取引で集まった2組のギャングが交渉のこじれから銃撃戦へと突入する。驚くのはその銃のぶっ放しぶり! 「そこで!? そんなに撃つ!? 痛くないの!?」と思うほど容赦ない浴びせ方と罵声まじりのギャングたちのやり取りが痛快で、豪華俳優陣の怪演にクスッと笑みがこぼれること必至だ。

 そんな怒涛の“バトルロイヤル”の世界へ観客をいざなうのは、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した主演のブリー・ラーソンをはじめ、クリストファー・ノーラン監督の新作『ダンケルク』(今年日本公開)にも出演しているキリアン・マーフィ、『第9地区』のシャールト・コプリー、アーミー・ハマー、ジャック・レイナーといった芸達者な面々。全員瀕死(ひんし)の発狂状態で、誰が最後に生き残るのか? 

 公開はゴールデンウイーク期間中の4月29日から。監督は、エドガー・ライトが製作総指揮に名を連ねた『サイトシアーズ〜殺人者のための英国観光ガイド〜』や、昨年公開されたトム・ヒドルストン主演『ハイ・ライズ』で狂気やブラックユーモアを得意とするベン・ウィートリー。(編集部・小松芙未)