『ひるね姫』もう一人の主人公エンシェン/[c]2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会

写真拡大

アニメシリーズ「東のエデン」、「精霊の守り人」、「攻殻機動隊S.A.C.」などで知られる神山健治が原作・監督・脚本を務める初の劇場オリジナルアニメーション『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』(3月18日公開)。本作のスピンオフ「エンシェンと魔法のタブレット〜もうひとつのひるね姫〜」の制作が進行中だと発表された。

【写真を見る】江口洋介が演じる情熱的な若者ピーチ/[c]2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会

「エンシェンと魔法のタブレット」は、映画本編の主人公である女子高生の森川ココネが見る夢の中に現れるもうひとりの主人公、エンシェンの冒険を描く短編作品。ココネを演じている高畑充希がエンシェンの声優を務める。また、エンシェンと共に行動する情熱にあふれた若者ピーチを、ココネの父、森川モモタロー役の江口洋介が演じ、それぞれ一人二役に挑戦したことが明らかに。

高畑は一人二役について「ココネとエンシェン。2人の女の子を声だけで演じ分けると聞いた時はかなりアタフタしてしまいましたが、神山監督が『そんなに無理して変える必要はないです』と言ってくださったので、安心してアフレコすることができました。ココネとエンシェン、それぞれの正義を大切に、楽しく演じさせていただけて幸せでした」と振り返っている。

江口は「二役の演じ分けは意識せずに、すんなり演じられたと思っています。実写の撮影とは違って、画コンテを見ながら声を入れていく作業でしたので、とても新鮮で面白い経験になりました。声だけで表現することがクセになるかもしれませんね」と声優の仕事が気に入ったようだ。

映画本編にも登場するキャラクターたちの、劇中で描かれなかったドラマが展開する「エンシェンと魔法のタブレット」は、映画を観る前でも観た後でも、さらに深く物語を楽しめる作品になるという。本作は動画配信サービスHuluで3月上旬より配信予定。【Movie Walker】