サーキット走行がもっと楽しくなるマルチ電子アイテムを初公開!

写真拡大 (全5枚)

HKSの「サーキットアタックカウンター」が進化して今年末に登場

静岡県小山町の富士スピードウェイにて1月29日に開催された「HKSプレミアムデイ」では、現在開発を進めている最新の電子アイテムを公開した。

2017年の年末発売予定の「サーキットアタックカウンター2」は、ラップタイムの自動計測での各種タイムの表示、車速、トップスピード表示、スピードリミッター解除機能(一部車種)などサーキット走行で必要とされる機能を盛り込んだ「サーキットアタックカウンター」の後継モデルだ。

新機能はカーナビで使われている技術を使ってフルオート計測を可能としたことだ。現在のアタックカウンターは計測に各サーキットの磁気センサーを使っているが、磁気センサーはサーキットごとに数やセンサーの取り付け位置によっては、作動しないといった問題が起こることがあった。

今回はGPSと3軸加速度/ジャイロ/コンパスにより、正確な位置(200km/hでも2mの誤差)を検出。これにより、JAF公認サーキットにコースインすると電源がオンとなり、コントロールラインを通過すると計測することが可能となった。

つまり、磁気センサーだけでなく、本体操作も不要。誤作動、計測ミスが飛躍的に減るという。

通信機能によりスマホやPCにライブで走行データを表示可能

もうひとつの新機能が「LIVE表示機能」。アタックカウンター2に取り込んださまざまなデータはブルートゥース機能を使って、スマホやタブレット、パソコンに送る(サーバーアップする)ことで、走行情報などをコース図にライブで表示することができるようになった。

また、グループ登録機能で、走行タイム、コースラインを重ね合わせて表示することも可能。過去の自分の走行ラインを比較したり、仲間と自分との走り方を研究したりといったドライビングのスキルアップから、待ち時間に仲間の走りをライブで見たり、さらに走行情報表示はカーナビのように視点を変えることができるので、さまざまな角度から走りをチェックすることもできると多彩に楽しめるのが魅力だ。

一人走りを多角的に確認するだけでなく、仲間と一緒に楽しめるようにエンターティンメント性も加えた「サーキットアタックカウンター2」。開発陣からも「価格面でも頑張ります」と嬉しい声も……。年末の発売が今から楽しみだ。

もうひとつ注目なのが、エンジン制御フルコンピュータの「F-CON V Pro3.4&4.0」に、パソコンソフトウェアと通信ユニットが付属したセット商品が発売されることとなった。これは、これまでパワーライター特約店でしかできなかったV Proのセッティングを、知識と技量は必要だが、一般ユーザーに解放したことを意味する。HKS担当者によると「これまでセッティングツールは持っていてもソフトや通信ユニットがなかったため、セッティングに二の足を踏んでいたプライベーターの方に向けた新たな提案です。今後はセッティングに対応する窓口を設けて、情報の発信や問い合わせを受ける体制を整えます」とのこと。プライベーターにも門戸を広げてチューニングの裾野を広げるのが狙いだそうだ。