日本テレビ系新ドラマ「母になる」に出演する板谷由夏、沢尻エリカ、小池栄子(写真左から)/(C)日本テレビ

写真拡大

日本テレビ系は、4月より沢尻エリカ主演の新水曜ドラマ「母になる」(毎週水曜夜10:00-11:00)を放送することが分かった。

また、共演に、小池栄子と板谷由夏が出演することが決定。3人の女性がそれぞれ「母」として成長する物語が描かれる。

本ドラマは水橋文美江脚本、中島悟監督らの演出によるオリジナルストーリー。

誘拐事件に直面した家族を通して、3人の女性が傷付きながらも「母になる」までの姿を描く人間ドラマだ。

沢尻は主人公・柏崎結衣を演じる。息子が誘拐された後、夫と別れ、一人でひっそりと暮らしている女性という役どころ。

息子が3歳の春、いつもの幼稚園の帰り道、繋いでいた手を離したほんの一瞬に誘拐されてしまう。

そして9年の月日を経て、13歳になった息子が現れる。「空白の9年間を埋められるのだろうか?」「一度壊れた家族をもう一度取り戻せるのだろうか?」「母親になるとは?」「家族になるとはどういうことなのか?」とさまざまな壁にぶつかり、葛藤しながら結衣は「母」として成長していく。

小池は、9年間の空白の後、結衣の元に戻ってきた息子が母と慕う女性・門倉麻子役で、板谷は、結衣の息子が行方不明になった後も結衣を励ますママ友・西原莉沙子役で登場する。

プロデューサー、出演者よりドラマへの思いが語られたオフィシャルコメントが届いた。コメントは以下の通り。

■櫨山裕子プロデューサーのコメント:母になる…、まだ独身の女性たちにとっては、未知の世界。ちょうど経験中の女性たちにとっては、リアルタイムの世界。子育てがひと段落した女性たちにとっては、いとしい思い出の世界。

そんなすべての女性たちへ、このドラマを捧げます。

■柏崎結衣役・沢尻エリカのコメント:このドラマのお話をいただいて、今までにないような新しいストーリーで面白いと思いました。

ただ、母親役を演じるのは本当に難しいと思ったし、まだ実生活でも経験していないので、不安がありました。でも、プロデューサーから「一から子育てをしていく役柄だから、そこはぶつかってもらえれば大丈夫」と言っていただいたので、そういう気持ちで思い切ってぶつかって演じていきたいです。

私が演じる結衣は、素朴でピュアな女性です。そういう女性が子供を生んで育てるうちに、強さや深みを身に付けていく姿が描かれるのではないかなと思います。

小池さんとは初共演、板谷さんとは前にもご一緒しているのですが、お二人とも一緒にいてリラックスできるし、あうんの呼吸でお芝居ができそうです。

「母になる」ということは、女性にとって最大のテーマの一つだと思います。正直、私にはまだ分からなくて、子育てを通して母になっていくものなのかなと考えたりします。

このドラマは難しいテーマも含んでいると思いますが、明るいテンションで臨んで、家族の温かさを伝えていけたらと思っていますので、ぜひご覧ください。

■門倉麻子役・小池栄子のコメント:今回の役柄は、私にとって今までやったことがない役で、絶対演じる価値のある役だと感じましたし、この役を演じる自分の姿を自分でも見てみたいと思いました。

私が演じる麻子は、我が子ではない子供を7年間育てるのですが、それは彼女にとって幸せな時間でもあった一方で、葛藤もあったと思います。

沢尻さん、板谷さんは自立したカッコいい女性だと思っていて、ご一緒できるのが楽しみです。「母になる」ことについて私自身としては、一人でも生みたいと考えていて、その気持ちが高まっている時期でもあり、母親になる覚悟はできています。

このドラマを通じて「母になる」ことについて、改めて考えることがありそうです。絶対に面白くなるという確信があるので、視聴者の皆さんにも信じて付いてきていただきたいです。

■西原莉沙子役・板谷由夏のコメント:母親になっていく女性、母親であることを取り上げられてしまう女性、母親を続けているけど今のままでいいのかと考える女性…それぞれの立場の3人を通じて、いろんな母親像が描かれる物語になると思います。

私が演じる莉沙子は、子供を育てることに関して疑問を感じている女性かなと。莉沙子のように、子供を生んで育てながら「私は良い母親なのか?」と思う女性はいっぱいいる気がして、私もその一人なのかもしれません。

「母になる」とはどういうことなのかは、実際に子供を生んでも分からなくて。「お母さんって何だろう?」と、私自身いつも考えていますし、永遠のテーマでもあります。

沢尻さんは、お芝居が大好きな人なので、また一緒にできることがうれしいです。小池さんとは同じ作品に出演したことはあるのですが、ちゃんとお芝居で顔を合わせたことがないので、今回とても楽しみです。この作品は、どんな立場の方にも響くはずですし、きっと視聴者の皆さんの心のひだに触れるようなものになると思います。