板谷由夏、沢尻エリカ、小池栄子が「母になる」女性役!

写真拡大

 女優の沢尻エリカが4月から日本テレビ系でスタートする連続ドラマ「母になる」(毎週水曜・22:00〜)で、息子を誘拐される母親を演じることが明らかになった。共演は小池栄子と板谷由夏。誘拐事件に直面した3人の女性が、それぞれ“母”として成長する姿を描く。

 沢尻が演じるのは、幼稚園の帰り道で一瞬手を離した瞬間に息子を誘拐されてしまう母親・柏崎結衣。事件から9年後、夫と別れ一人で生きていた結衣のもとに、13歳になった息子が現れたことからドラマが展開していく。

 母親になる、家族になるとはどういうことなのか? 衝撃的な出来事を通じて難解な問題を投げかける本作について沢尻は、「今までにないような新しいストーリーで面白いと思いました」とコメント。経験のない母親役に不安もあったというが、番組プロデューサーの「一から子育てをしていく役柄だから、そこはぶつかってもらえれば大丈夫」という言葉で奮起したという。

 母になることは、「女性にとって最大のテーマだと思います」と語る沢尻。「正直、私にはまだ分からなくて、子育てを通して母になっていくものなのかなと考えたりします。このドラマは難しいテーマも含んでいると思いますが、明るいテンションで臨んで、家族の温かさを伝えていけたらと思っていますので、ぜひご覧ください」と呼び掛けている。

 一方、沢尻と初共演の小池が演じるのは、7年にわたって結衣の息子を育て、母と慕われる女性・門倉麻子。「絶対演じる価値のある役だと感じましたし、この役を演じる自分の姿を自分でも見てみたいと思いました」と難役にも物怖じせず。子供については「一人でも生みたいと考えていて、その気持ちが高まっている時期でもあり、母親になる覚悟はできています」ということで、「このドラマを通じて『母になる』ことについて、改めて考えることがありそうです」と語っている。

 さらに結衣のママ友・西原莉沙子を演じる板谷は「子供を育てることに関して疑問を感じている」女性役に挑戦。さまざまな女性の立場に立った本作について「どんな立場の方にも響くはずですし、きっと視聴者の皆さんの心のひだに触れるようなものになると思います」と期待をかけている。脚本は沢尻が出演した『シュガー&スパイス 風味絶佳』「盲目のヨシノリ先生 〜光を失って心が見えた〜」などの水橋文美江。同じく「ヨシノリ先生」などの中島悟らが演出を務める。(編集部・入倉功一)