8日、北京晨報によると、ホテルで拳銃のようなものを持った写真をネット上に掲載した男が、警察に逮捕された。資料写真。

写真拡大

2017年2月8日、北京晨報によると、ホテルで拳銃のようなものを持った写真をネット上に掲載した男が、警察に逮捕された。

問題となった書き込みは、5日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で発信された。書き込みには「明天殺崇州!(明日崇州を殺す!)」(崇州市は四川省成都市に位置する県級市)とのつぶやきとともに、若い男がホテルの中で拳銃のようなものを持ってポーズをとる写真が3枚と、四川省公安庁発行の「公務用銃検査証」を写した画像が1枚掲載されていた。

検査証で銃の支給機関となっていた同省資陽市楽至県公安局が6日に捜査を開始すると、画像の男性が同県公安局の警官でないことが判明した。すると同日夜、当事者の男性が微博上で「あれは露天商から買ったおもちゃの拳銃。検査証はネット上に落ちていた画像をダウンロードしたもの。『明日殺崇州』は四川方言で『明日崇州に行く』という意味だ」と釈明し、騒動になったことを謝罪した。

悪質ないたずらとして事態を重く見た同県公安局は現地時間6日午後9時ごろ、書き込みをした21歳の男の身柄を同省成都市で逮捕するとともに、同県の自宅からプラスチック製の拳銃のおもちゃ1丁を押収したという。(翻訳・編集/川尻)