大泉洋は松山ケンイチを見つめている

写真拡大

 8日に都内で第59回ブルーリボン賞授賞式が行われ、司会を務めた大泉洋が会場をわかせたが、盛り上げすぎた大泉が松山ケンイチと大竹しのぶからガン無視されるという一幕があった。

 『聖の青春』『珍遊記』などでの幅広い演技が評価されて主演男優賞を受賞した松山は、『珍遊記』の原作者である漫☆画太郎に描いてもらったイラストを持って登壇した。いい出会いに恵まれて作品を作り上げられたことに感謝して、笑顔で受賞を喜んでいた松山だったが、その後の司会者とのやり取りでは異様な雰囲気に。ブルーリボン賞の授賞式の司会は、前回の主演男優賞、主演女優賞の受賞者が務めることから、今回は大泉と有村架純が担当していた。

 自身の横に立つ大泉から作品や役作りについて質問が飛ぶが、松山は常に有村を見つめながら回答する。その理由は、この日の大泉の会場を爆笑の渦につつむ司会ぶりにあり、松山は「本当にペラペラペラペラしゃべられて。来年、僕が誰とやるか知ってます?」と問いかけ、「(来年の)参考になればいいと思って注目していたんですけど、なんの参考にもならない。だから目を合わすことをやめました」と続ける。そして、「どうするんですか、来年? 事故、事故、事故ですよ……」と天を仰いだ。

 すると、主演女優賞を受賞して舞台に上がった大竹も松山をマネて大泉をガン無視する。「幕が上がると大泉さんのわけのわからないトーンから始まり、(作品賞の)ゴジラさんが出て、(壇上で樋口真嗣監督の)携帯まで鳴る。そして、ノリのいいお客様……」と厳かな印象があった式典の変わりぶりに驚く大竹は、「来年この笑いを松山君と取れるだろうかと心配になり、賞をいただいた喜びは吹っ飛び、心配ばかりしていました」と心境を吐露。ついには「来年、何か賞を獲って司会も兼ねるというのはどうですか?」と大泉にリクエストするに至った。

 1人目の受賞者発表の時点でスタッフから「巻き」が出るなど、ふんだんなしゃべりで盛り上げるも、それが逆に次回司会者からのクレームに繋がった大泉。有村からも「ほとんど大泉さんがしゃべっていたので、聞きたいことも聞けずに終わってしまった」と苦笑いをされた大泉は「後悔しか残らないブルーリボン賞」と嘆き、最後は「来年は厳かな雰囲気に戻して……。申し訳ございませんでした」と謝罪のコメントを述べた。それでも集まった観客は大喜びで、式は大盛況のうちに幕を下ろした。(取材/錦怜那)