記事は、韓国ドラマを見るとたいがい「ヒロインも脇役の女性も美女で、『通行人A』ですら美人である」と紹介。「韓国の女性はいずれも大した美女であり、そのレベルの高さに感慨を覚える」とした。その一方で、「韓国の街を行く女性を実際見たら、韓国ドラマが信用ならないものだということを初めて知った」と伝えている。(イメージ写真提供:(C)Woojin Kim/123RF)

写真拡大

 記事は、韓国ドラマを見るとたいがい「ヒロインも脇役の女性も美女で、『通行人A』ですら美人である」と紹介。「韓国の女性はいずれも大した美女であり、そのレベルの高さに感慨を覚える」とした。その一方で、「韓国の街を行く女性を実際見たら、韓国ドラマが信用ならないものだということを初めて知った」と伝えている。

 そのうえで記事は、実際に韓国の街中で撮影した現地の女性の写真を数枚掲載。ある写真では「この女性たちは外出するのにかなりおめかししているのだが、詳しく見てみるとみんなとても化粧をしていて、しかも韓国ドラマのように心や魂を突き動かすような美しさがないのだ。化粧を落とした彼女たちはどのような感じなのだろうか」と説明した。そして最後に、飾り気のない制服姿の女子中高生と思われる少女2人組の写真を示し「これこそ韓国の女性の本当の顔なのかもしれない」と伝えた。

 「実際に韓国に行ってみたら韓国ドラマとあまりに違ってガッカリ」という話は、これまでにもしばしば中国のネット上で話題になってきた。いかに韓国ドラマが美男美女のキャストによる華やかな日常生活というイメージを売り物にして来たかということが伺える。

 記事を読んだ中国のネットユーザーからは「やはり中国の女性の方が美しい」、「中国の歩行者天国には美女がたくさんいるぞ」という意見がちらほら。外国の女性もいいが、やっぱり自国の女性が美しい、と思う気持ちは決して理解できないものではない。一方で「中国も一緒」、「どこだってそれは同じだよ」との声も少なからず見られた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Woojin Kim/123RF)