恋愛が順調なときって悩みごとも少なく楽しく感じるけど、恋愛がうまくいかなくて悩みごとが増えた……ってとき「しばらく恋はいいや……」「もうやだ、疲れた……」と恋愛をお休みしたくなりますよね。恋愛疲れは精神的ダメージも強いです。心身健康でいるためにも、できるだけ恋愛疲れを回避したいものです。そんな恋愛疲れを起こしてしまっている原因はこれ。

無理して「いい女」を演じる

彼に好かれようと頑張って、男心のわかる物分かりのいい「いい女」を無理に演じると、少しずつ心が疲れていきます……。彼に「いい女」と思われたいのはわかります。でも無理に演じている時点ですでに「いい女」ではないのです……。恋愛疲れを起こせば、恋愛がつまらないものに感じてしまいます。そうなればいつしか彼への愛情も小さいものになるでしょう。彼をしっかり愛して、彼に愛されたいのなら無理に「いい女」を演じる必要はないです。

恋愛中心の生活

恋愛至上主義の女子は生活の中心が「恋愛」ですよね。彼が今どこでなにをしているのか、彼が浮気をしてないか、といろいろ不安で、四六時中彼を思っていると恋愛疲れを起こしやすいです。不安から食欲不振になったり、仕事が手につかなかったりと生活に支障をきたすこともあるでしょう。生活に支障をきたす恋愛は自分をダメにします。恋愛疲れを起こさないためにも、自分の生活の中心は彼ではなくあくまでも「自分」で。

知らない間に彼に完璧を求めてしまっている

完璧主義な女子も恋愛疲れを起こしやすいでしょう。彼の完璧な彼女でありたいと思うと同時に、彼にも完璧な彼氏であってほしいと願うため、彼にあれこれ口うるさくいいがち。最初はしょうがないと聞いていた彼だって、いずれあなたと一緒にいるのが苦痛になり、少しずつあなたから離れていきます。
そうなると自分の思い通りにならない彼に余計口うるさくなり、さらに彼が離れていく結果に……。疲れないためにも彼に完璧を求めないほうがいいです。

叶わぬ恋をしている

既婚男性や彼女持ちの男性に恋をしてしまうのも、恋愛疲れを起こす原因。隣の芝生は青いのかもしれませんが、青く見えるだけです。まだ、彼女持ちの独身男性なら、頑張れば略奪の可能性もありますが、既婚男性の場合、不倫に巻き込まれる可能性もあるのでお勧めしません……。
既婚男性の場合も彼女持ちの男性の場合も、あなたのなかで彼は一番になれたとしても、あなたは彼のなかで一番にはなれないのです……。