初音ミクとコラボしたスマートフォンを中国Xiaomiが発表、Redmi Note 4X限定モデル

写真拡大

少し前まで急成長を遂げていた中国のXiaomiですが、最近はMi TV 4などスマート家電の分野で存在感を増しているものの、スマートフォンの分野では中国市場でTOP3から転落するなど苦しい状況が続いています。先日は副社長だったヒューゴ氏が退社したことでも話題になっていました。

元「Androidの顔」──ヒューゴ・バラ氏が中国Xiaomiを退社、シリコンバレーに帰還へ

そんなXiaomiが2月8日、ミドルクラスの新端末となるRedmi Note 4Xを発表しました。

昨年発売されたRedmi Note 4のリフレッシュモデルですが、スペックは大枠でしか発表されておらず、詳細は追って公開ということです。そのRedmi Note 4Xに、あの初音ミクとのコラボモデルも発表されています。

初音ミクというと、ウォークマンの限定モデルや、docomoから発売されたXperia AベースのXperia feat. HATSUNE MIKU、そして昨年もXpeiaとコラボして特設ページが公開されるなどソニーのイメージが強く、Xiaomiとのコラボは正直意外です。

ソニー ウォークマンS に初音ミク生誕5周年モデル、各色限定3939台
ドコモから『初音ミク』コラボのXperia feat. HATSUNE MIKU、3万9000台限定

ただ、初音ミク自体は中国でも人気が高く、2015年には上海、2016年には上海と北京でライブツアーが開催されています。

限定モデルの内容としては、本体背面に初音ミクのロゴ(中国では初音未来)とシリアルナンバーが刻印されるほか、オリジナルデザインのモバイルバッテリとカバーが専用パッケージに入っているというもの。

ベースモデルとなるRedmi Note 4Xですが、5.5インチディスプレイで、プロセッサはSnapdragon 625を搭載。4100mAhのバッテリに1300万画素のカメラとハイミドルな端末になっています。

カラーは初音ミクをイメージした「初音グリーン」のほか、「シャンパンゴールド」「プラチナシルバー」「マットブラック」「チェリーピンク」の5色展開。

発売は2月14日。価格やメモリ、ストレージはまだ公開されていませんが、中国メディア MyDriveが報じるところによると下記の通りです。

2GB RAM+32GB ROM 999元(約1万6000円)

3GB RAM+32GB ROM 1099元(約1万8000円)

4GB RAM+64GB ROM 1299元(約2万1000円)