破局まっしぐら!恋人への気持ちが冷め始めたときの言動

写真拡大



毎日大好きな彼のことを考えていたのに、気づけば彼のことを想う時間がなくなった…。彼氏と付き合いながらも、すでに気持ちが離れ始めているのを感じたことがある人もいるのではないでしょうか?もし自分、または彼がこんな言動をし始めたら、相手への気持ちが冷め始めているサインなのかも。

■1.他の人を探し始めている

「彼と一緒にいると楽しいし、嫌いではないけど、彼との結婚はないかなぁ…と思ったら他の男性を探し始めてしまう」(27歳/女性/OL)

無意識のうちに他の人を探し始めた時点で、今の恋人からは心が離れ始めているのかもしれません。でも、恋人以外の異性と接してみて「やっぱり彼がいい!」と改めて恋人の良さに気づくこともあります。浮気にならない範囲であえて他の男性と接してみれば、彼への気持ちがはっきりするかも。

■2.あんなに待ち遠しかった連絡がどうでもいい…

「付き合う前や付き合い始めの頃はあんなにマメにしてた連絡が、いつしか面倒臭くなり、待ち遠しい気持ちが一切なくなった時」(29歳/男性/不動産)「LINEの返信も電話の折り返しもダルいと思ったら終わってる」(30歳/女性/ライター)

朝から晩まで連絡しあっていたのに、気づけば連絡が面倒で放置気味…と、マンネリを迎えるカップルは少なくありません。そこからふたりで努力してマンネリを打破するのか、なりゆきに身を任せて別れに向かうのかはカップル次第と言えるでしょう。

■3.お互いの知らないことが増える

「電話で今日こんなことがあったとか、会った時にこの前こんなことがあったとか話してお互いの近況を共有してたのに、いつの間にかお互い知らないことが増えると心が離れ始めているのかなと思う」(27歳/女性/事務)

お互いの知らないことが増えると「私たち本当に付き合ってるのかな…?」と、恋人がまるで他人のように思えてきたりしませんか?お互いの近況を語らなくなるのは、恋人に冷めてきて興味がなくなってきた証拠かも。

■4.記念日を一緒に過ごさない

「クリスマスや誕生日などイベントの日をふたりで過ごさなくなる」(28歳/男性/IT)

「お互いイベントの日にデートしようって話さなくなった時点で結構冷めていると思う。本当に好きなら絶対イベントは話題にあがるでしょう」(32歳/男性/証券)

彼と最後にイベントを過ごしたのはいつですか?今まで一緒にイベントを過ごしていたのに、イベント当日、またはその前後に会う約束すらしなくなるのは危険サイン。お互いの気持ちを盛り上げるためにも、イベントはふたりで一緒に過ごしたいものですね。

■5.相手を受け入れられない

「好きな時って相手に気に入られたい気持ちもあり、相手のすべてを受け入れられたりもできるけど、気持ちが離れてくると相手の欠点ばかりに目がいき、つい否定的になってしまう」(27歳/女性/美容系)

気持ちが冷めてくると、相手の長所よりも短所に目が行きやすくなったりしますよね。相手を受け入れられなくなったら、自分自身の気持ちと向きあう必要がありそう。彼との会話に否定的な言葉が増えてきたら、ふたりの関係は破局に向かい始めているかも…。

■おわりに

付き合っている彼、またはあなた自身にこのような言動があらわれてきたら、ふたりの仲が終わりはじめているサイン。彼と別れたくないのであればこれらのサインを敏感に感じ取り、ふたりの仲を改善すべく付き合い方を変えたりしてみましょう。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)