「2つの食感ソーダゼリー」に3つのフレーバーがラインアップ。写真左から「ホワイトソーダ」「グレープ」「メロン」(すべて希望小売価格・税抜115円)

写真拡大

ダイドードリンコの隠れた人気商品「2つの食感ソーダゼリー」に、2017年は3種類のフレーバーが登場。2月13日(月)から「2つの食感ソーダゼリー メロン」「2つの食感ソーダゼリー ホワイトソーダ」を、2月20日(月)から「2つの食感ソーダゼリー グレープ」(すべて希望小売価格・税抜115円)をそれぞれ販売する。

【写真を見る】2つの食感がやみつきに!10回以上よく振ってから飲もう

冷やしてから10回以上振り、開缶してください。そんな注意書きが書かれた、新感覚のデザート系炭酸飲料「2つの食感ソーダゼリー」。缶を振ることにより、ゼリーを砕いて味わうユニークなドリンクだ。シュワシュワとした炭酸の爽快感と共に、プルプルとしたゼリー、コリコリとしたナタデココの2つの食感を楽しめる。

同商品は2011年に誕生。発売以来、10〜20代の若者に加え、40代のビジネスマンからも好評を博し、2015年度に累計販売数量1億本を突破。2016年度には初年度の約5倍へ伸長し、累計1億5千万本を売り上げた。

今年は3種類のフレーバーを展開し、選ぶ楽しさもアップ。発売に先駆けて記者が「メロン」を試飲してみたところ、昔懐かしい独特の甘味がありながらも、後味はすっきり。他のメロン味の炭酸飲料に比べると酸味が効いていて、大人向けの味に仕上がっている印象を受けた。

ちなみに同商品の魅力は、満腹感を得られる点にもある。昼食を食べないまま夜になってしまい、飲む前はかなり空腹だった記者だが、飲み終わる頃には程よくお腹が満たされていた。気分をリフレッシュしたい時はもちろんのこと、手軽に小腹を満たしたい時にもぜひ!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】