2月2日から5日まで幕張メッセで開催された「ジャパン キャンピングカーショー2017」。定番化している軽キャンパー、そして軽よりもひと回り大きなコンパクトタイプも人気を集めていました。

1

中でも主役で王道といえるのが、ハイエースを中心としたバンコン(バンコンバージョン)。バンコンといっても先述したコンパクトタイプ(トヨタ・ライトエースや日産NV200バネット)からハイエース、NV350キャラバンまで数多くあります。

最近は、こうした商用バン(ワゴンもある)をベースとしたバンコンだけでなく、乗用ミニバンをキャンピングカーに仕立てたモデルも人気を集めています。

愛知県にあるホワイトハウスは、ヴォクシーやステップワゴン、新型フリードなど乗用ミニバンのほか、ルノー・カングーをポップアップ仕様に仕立てた「KANGOO POP」を初披露。

ご存じのとおりカングーはフランスでは商用車ですが、日本では乗用ユースとして人気が高く、「ルノー カングー ジャンボリー」という山中湖のイベントでも多くの愛好家が集います。

「ルノー カングー ジャンボリー」に出展したら大きな注目を集めそうな「KANGOO POP」は、1880×1030mmのポップアップルーフ内に大人2人が就寝可能。ポップアップルーフは、ベースとなる安全強化台、実際に持ち上がる軽量化ルーフトップの2ピース構造が採用されています。

高い強度と安全性、耐久性と防水性を備えているほか、走行時にはルーフトップに直接風が当たらない構造になっており、静粛性に優れるという利点もあるそうです。内部には2段階調光式のLED照明が配されています。

また、マルチソファーベッドを展開することで、対座リビングや大人2人までが就寝できるベッド(1830mm×1130mm)に変身。さらに、マルチソファーベッドを取り外せばカングーの美点である大きな積載スペースも確保できます。

そのほか、横開き式のリヤゲートを開け放てばアウトギャレーの展開が可能で、オートキャンプなどで調理する際に重宝しそうです。装備ではエアヒーターやサブバッテリー、走行自動充電システム、室内照明、全窓プライバシーカーテンなどが設定されています。

ベースモデルは、「アクティフ(6MT)」、「ゼン(4AT/6MT/6速EDC)」を設定。価格帯は標準ルーフ仕様が293万3200円〜379万9600円。ポップアップルーフ仕様が317万800円〜457万7200円となっています。

(文/塚田勝弘、写真/塚田勝弘、ホワイトハウス)

ルノー・カングーベースのキャンピングカーが登場【ジャパン キャンピングカーショー2017】(http://clicccar.com/2017/02/08/443265/)