バブル期の文化遺産、アッシーくんを覚えていますか?

アッシーくんとは、「迎えに来て」といえばすぐさま車を飛ばしてきてくれる人のこと。最近は車を持つ若者が減って、アッシーくんを持つ女性も希少になってきたことは寂しい限りです。

しかし、アッシーくんがいる人生とアッシーくんがいない人生だったら、果たしてどちらが幸せでしょうか?

今回は、あなたの人生をほんの少しだけ明るくしてくれる“現代版アッシーくんの作り方”をお伝えします。

 

■その気がある男を見つける

アッシーくんは、自分が足になることに喜びを感じる男性でないと当然ながら務まりません。彼が心から役に立てて嬉しい、と思ってもらえないとアッシーくんにはなりえないのです。

そこで、ターゲットにしたいのは元々Mっ気がある男性。

女の子に尽くすことが生きがいという人は、案外いるもの。もちろんあなたに好意があることが大前提ですが。

男性の素質を読み誤ると「俺を馬鹿にすんな!」と激怒されて終わりです。

 

■パブロフの犬作戦

習慣化とはコワイもので、そのうち人はそれをすることに何も感じなくなります。

アッシーくんも、習慣化させることが最初の関門。まずは週1からはじめ、徐々にスパンを短くしていきましょう。

アッシーくんも頻繁に呼び出されることで「これって彼氏みたいだな……」と錯覚します。その錯覚につけいり、二人が結ばれるのも時間の問題だなと思わせるのが最初のポイントです。

 

■スキンシップで期待させる

アッシーくんも馬鹿じゃありません。

これをやり続けたらいつか……という期待があるからこそ、けなげに送り迎えをしてくれるのです。

そこで大切なのが、彼の希望を絶たず、におわすこと。

「いつもありがと!頼れる人、○○くんしかいなくて」とそっと肩をたたいたり、たまにスキンシップをしてあげたりしましょう。
間違ってもキスやその先をしてはいけません。

ご褒美をちらつかせながらうま〜く利用するのがアッシーくんとの理想的な関係です。

 

素質は十分あるのに肝心の車を持っていない場合は、メッシーくんという手もあります。

何はともあれ、お互いがハッピーになれるウィンウィンな関係を築いてくださいね。

【画像】

※ Ruslan Sitarchuk/shutterstock

【関連記事】

※ 男子が「この子、エロすぎだろ…」と感じる女子の言動パターン

※ あきらめないで。「彼と体の相性が合わない…」を解消する秘策

※ こんなの初めて。愛が深まる「ピロートーク」4パターン

※ どうされたいの?オトコが喜ぶ「エッチなお姉さん」的セリフ

※ 血液型「ロールキャベツ男子」ランキング!第3位B型は肉食が垣間見えている…

※ チュッチュッ♡男性が「本気で愛している女性」にだけするキス