Doctors Me(ドクターズミー)- 便秘でお腹が張ってつらい…今すぐできるポッコリお腹解消法

写真拡大

女性の中には便秘の症状に悩んだり、苦しんだりしている方も多いのではないでしょうか。

特に、便秘によってお腹が張ると、座るのにも苦労するくらいつらいですよね。

そこで今回は医師の松本先生に便秘でお腹が張る理由、お腹の張りの緩和方法や効果がある食材を解説していただきました。

便秘でお腹が張る理由


腸の中に、便(食べ物のかす)、水分、空気などが過剰に貯まっているからです。

便秘以外でお腹が張る原因


腸内に空気が貯まっている


■ お腹の中でガスが増える場合
食べるときに空気をたくさん飲み込み、それがゲップや呼気に出ない、出さない場合や、不規則な食事や生活などで腸内細菌のバランスが崩れ、腸内細菌が発生するガスでお腹に空気が増えることがあります。

特にでんぷん類や甘いものが多いと、腸内にガスを発生しやすくなります。

■ お腹のガスを出しにくくなる場合
ストレスや、過剰な緊張で胃腸の動きが悪くなると、腸内のガスが出にくくなります。

実際には両方が重なって起こることが多いでしょう。

過敏性腸症候群


精神的なストレスや、腸内の微少な細胞レベルの炎症で、検査でははっきりした異常は認められないのに、しばしば腸の機能が低下し、下痢したり便秘したりする病気です。

胃や胆嚢などの炎症


ストレスや、偏った食事、ウイルスや細菌感染(食中毒やピロリ菌)、アレルギー、アルコールなどで炎症が起きると、急性胃炎、慢性胃炎、胆嚢炎などのリスクがあり、胃の動きも悪くなります。

偽性腸閉塞


お腹の動きが極端に悪く、腸内で便、水分、空気などがほとんど移動せず、たくさん腸内に貯まった状態で、早急な治療が必要です。

腸閉塞


大腸がんや腸重積によって腸が詰まったり、重なったりして、緊急手術が必要になることもある状態です。

腫瘍や腹水


子宮筋腫や大腸がんなどになった場合、お腹の中に本来あるべきでないものがあるためにお腹が張り、治療が必要です。

生理前、月経前症候群


月経前は体に色々とものをため込もうとする時期で、お腹も張りやすくなります。

妊娠


ホルモンのバランスが大きく変化し、体にものをため込もうとするので、妊娠初期からお腹が張りやすくなります。

便秘によるお腹の張りの治療方法


■ 下剤
症状がひどい場合は緊急避難的にお腹を動かして出すタイプの下剤を使います。また、便を軟らかくするタイプの下剤も使うことがあります。

■ 浣腸
腸の中の空気を抜いたり便を出します。

■ 摘便
指で直腸に残った便を出します。

■ その他
食事や生活の改善指導、整腸剤、乳酸菌製剤などで、腸の中の細菌のバランスを整えます。

お腹の張りの緩和方法

お腹のマッサージ



大腸は右下から始まり、右上、左上、左下へとつながります。「の」の字を書くようにマッサージすると空気だけでも出る可能性があります。

ツボ押し



以下の部位のツボを刺激するのも良い可能性があります。

■ 手のツボ
・合谷
・神門
・間使
・支溝

■ 耳のツボ
・内分泌点
・便秘点

■ 頭のツボ
・百会
・風池

■ 足のツボ
・反射区
・窅兌
・三里
・三陰交

便秘によるおなかの張りに効果がある食材

弛緩性便秘



女性や年配の人に多い、腸の力が弱くてなる弛緩性便秘には、質の良い食物繊維、発酵食品、白湯などが良いでしょう。

主に野菜や果物類、納豆、漬け物等で、ヨーグルトも発酵食品ですが質の差が大きく、また有効性の個人差が大きく必ずしもおすすめできません。

痙攣性便秘



ストレスの多い生活を送る人に多い痙攣性便秘には、アーモンドやクルミなどビタミンEの多いものや、ゴマや鶏肉などビタミンB1の多いもので自律神経を整えると改善する可能性があります。

痙攣性便秘の場合、食物繊維の多いものが必ずしも良いとは言えません。

便秘によるおなか張りを予防する方法


便秘もお腹の張りも、腸の機能と深く関係しています。

炭酸飲料、パンやご飯やケーキなどの炭水化物はもちろんですが、乳製品、肉類、意外なところでは豆類、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の食べ物や果物などもお腹を張りやすくします。

野菜や果物は便秘によく効く場合も多いので、自分にとって何が良く、何が悪いかを色々試して調べて記録してみるとわかりやすいでしょう。

食事だけでなく運動をしているか、精神的、時間的なゆとりがあるかどうかも大切です。例えば、朝、トイレにゆっくりと行く時間を作ることは何よりも重大事項です。

最後に松本先生から一言


私も小さい頃から40歳前まではひどい便秘でしたが、結婚を機に食生活が大きく変化し、あっという間に改善されました。

野菜は食べているつもりでも、ほとんどの人は足りていない場合が多いので、まずはこれまでより多めに野菜を食べてみてください。

意外と簡単に便秘が解消できるかもしれませんよ。

(監修:医師 松本明子)