また新たにマラウイから双子を養子縁組したマドンナ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

マラウイからまた養子縁組すると噂されていたマドンナが、やはり双子を養子として迎えていたことがマラウイ政府の発表で明らかになった。英紙ガーディアンによれば、「マドンナに2人の子どもたちの養子決定が下されたことを発表する」とマラウイの司法機関のスポークスパーソンが語っている。

【写真を見る】マドンナと2006年に養子縁組した息子デビッド/写真:SPLASH/アフロ

マドンナは、マラウイから養子を迎える準備のために同国を訪れたという報道を否定していたが、噂どおり4歳になる双子のステラとエスターを養子縁組する。

マドンナは2006年にもマラウイからデビッド・バンダを、そして2009年にはマーシー・ジェームズを養子に迎えていた。

双子はザンビアとの国境付近に位置する町ムチンジの孤児院から引き取られるそうだ。だが、マラウイの多くの人々は、現地に住んでいない人間が養子縁組を行ってマラウイの子どもを海外に連れていくことを阻止する法を無視して、マドンナだけ特別に子どもを引き取ることが許されている状況に反感を持っているという。

裁判所にはマドンナと双子の父親が出廷し、子どもたちに安定した家庭を与えることを条件に養子縁組の許可がおりたそうだ。マラウイでマドンナの養子縁組の手続きを行った弁護士は、「マドンナは長年のあいだ、マラウイと彼女の子どもたちに対する情熱を示してきました。ですから、裁判所はマドンナに満足しており、双子の養子縁組を止めませんでした」とガーディアン紙に語っている。【UK在住/MIKAKO】