写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスは8日、「Sid Meier's Civilization 6」推奨となるゲーミングデスクトップPC「Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル」(3機種)を発売した。全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売開始し、直販価格は税別価格107,980円から。BTOにも対応する。

○GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR

標準構成価格は107,980円(税別)。5.25インチベイを2スロット備えるマイクロタワー型モデルで、グラフィックスにAMD Radeon RX480を搭載。購入者特典として、「Civilization 6」のフルゲームクーポンが付属する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5-6500(3.60GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-17000 DDR4 8GB(4GB×2)、ストレージが250GB SSD+1TB HDD、グラフィックスがAMD Radeon RX 480(8GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN、USB 3.0×4、USB 2.0×4、HDMI×1、DisplayPort×3、SDメモリーカードリーダーなど。本体サイズはW185×D395×H370mm、重量は約8.2kg。

○GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR

CPUにIntel Core i7-6700(3.40GHz)を搭載するモデルで、標準構成価格は134,980円(税別)。ミドルタワーモデルとなっており、チップセットがIntel H170、SSDが500GB、HDDが2TBに増強されている。本体サイズは207W×D520.7×H450.2mm、重量は13.9kg。その他の仕様は上記「DFR」とほぼ共通。

○GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E

CPUにIntel Core i7-6800K(3.40GHz)を搭載するミドルタワーモデルで、標準構成価格は179,980円(税別)。マザーボードのチップセットがIntel X99となり、メモリがPC4-17000 DDR4 16GB(8GB×2)に増強されている。その他の仕様は上記「XFR」とほぼ共通。

(リアクション)